このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
東京国立博物館資料館 (4100007)管理番号
(Control number)
3372
事例作成日
(Creation date)
20191030登録日時
(Registration date)
2020年04月30日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年10月26日 18時22分
質問
(Question)
自分が読んだ論文に「朝鮮京畿道長端華蔵寺に所蔵されていた貝葉経(ばいようきょう)が明治36年頃に帝室博物館に移譲され、歴史第九十五号として分類・管理されることになった」旨記述されているが、現在もこの貝葉経は東京国立博物館に残っているか確認したい。
回答
(Answer)
現在も列品として当館に収蔵されていることを案内。登録名称:貝葉経(列品番号:TB-1129)
研究目的で画像利用の希望があったが、現時点で公開されている画像はなかったため、(株)DNPアートコミュニケーションズ担当者へ引き継ぎ、「新規撮影」を申請していただいた。
回答プロセス
(Answering process)
・「朝鮮京畿道長端華蔵寺」や「歴史第九十五号」をキーワードに当館収蔵品管理システム(非公開)で検索したがうまくヒットせず。
「貝葉経」で検索すると複数件ヒットするが、管理番号は現在の機関管理番号となっており、「歴史第九十五号」等の旧分類番号などはデータ上に残っておらず、この時点では特定ができなかった。
・内部データベースで「道長端華蔵寺」をキーワードに検索したところヒットあり。
『列品録 明治36年』(館資397、マイクロフィルム番号:M1270)190-191コマ
・同様に、別の列品記載簿(非公開)中に現在の列品番号(TB-1129)が記載されていたため、特定することができた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
経典  (183 9版)
参考資料
(Reference materials)
『列品録 明治36年』 (館資397、マイクロフィルム番号:1270)
キーワード
(Keywords)
貝葉経
朝鮮京畿道長端華蔵寺
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
書跡
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000281617解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!