このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢富岡-2020-001
事例作成日
(Creation date)
2019/01/18登録日時
(Registration date)
2020年04月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年05月02日 13時34分
質問
(Question)
山口観音(金乗院)の本堂の天井に描かれている墨絵の「鳴き竜」の作者について知りたい。
回答
(Answer)
山口観音の「鳴き竜」(「雲竜図」)を描いたのは「関良雪」で、江戸時代中期の画家です。
 
以下の資料に記載があります。
 〇『所沢市史研究 第11号』 所沢市史編集委員/編 所沢市史編さん室 1987年
 〇『毎日新聞縮刷版 1977年9月』 毎日新聞社 編 毎日新聞社 1977年
 〇『講談社日本人名大辞典』 上田正昭/[ほか]監修 講談社 2001年
 〇『多摩の人物史』 倉間勝義/編集 武蔵野郷土史刊行会 1977年
回答プロセス
(Answering process)
1.所蔵資料の内容確認
 △『埼玉ふるさと散歩 所沢市』 斎藤脩治/著 1993年
   p.52-57 「10 弘法大師ゆかりの名刹 山口観音」の項目あり
   p.53 「本堂外陣の天井に関良雪(りょうせつ)筆の「鳴き竜」が名高い。」との記載あり
 
 ×『所沢市史 上』 所沢市史編さん委員会/編 1991年
   p.905-907 「市域にのこる絵画」の項目に、山口観音(金乗院)の市指定文化財「煙草屋図大絵馬」についての記載はあるが、「鳴き竜」についての記載は見当たらない
 ×『所沢市史調査資料 14 社寺資料編』 所沢市史編集委員/編集 1978年 
 
2.後日調査による追加資料
 〇『所沢市史研究 第11号』 所沢市史編集委員/編 所沢市史編さん室 1987年
   p.151-153 「良雪と文松と文筌」の「山口観音の天井画 関 良雪筆」の項目に
      「(前略) 山口観音の本堂外陣、10間に3間、30坪の大天井に一杯に描かれた「雲竜図」は、見る人の目を圧倒する。(中略) 絵師は武蔵府中出身の関良雪であり、彼は安永5年に74歳で歿しているから、この絵は彼が60歳のころ描いたものであり、まさに晩年に近い円熟期の作といえるのではなかろうか。(以下省略)」との記載あり   
   p.152「関良雪 (1703-1776)」の項に
      「(前略) 元禄16年(1703)府中六所宮(大国魂神社)の神官である鹿嶋田和泉守藤原正常の子として生まれた。本名は鹿嶋田左内藤原常麻呂、後に東岳道人自然斎と称した。はじめ神官として六所宮に奉仕したが、30余歳にして神官を辞任し、江戸に出て絵の勉強に専念した。(中略) 世に知られているのは府中市鹿嶋田家蔵の「良雪自画像」、同じく府中市村上家蔵の「布袋・鶴・亀」の三幅対。同じく府中市大室家蔵の「人物図」、所沢市山口金乗院の本堂天井画「雲竜図」である。(中略) 安永五年(一七七六)七四歳で歿した。(以下省略)」との記載あり
  
 〇『毎日新聞縮刷版 1977年9月』 毎日新聞社 編 毎日新聞社 1977年
   p.754 昭和52年(1977年)9月27日 20面 「多摩郡の絵師〈5〉 関 良雪(せき りょうせつ) (1703-1775)」の記事あり
      「江戸中期ようやく中央の文化が浸透し始めた多摩で、最初に絵師を志した人の一人とされる。元禄16年(1703)府中六所ノ宮(現大国魂神社)の神官鹿島田和泉守藤原正常の子として生まれた。本名は鹿島田佐内藤原常麻呂。(以下省略)」
  
 △『日本随筆大成 第1期 13』 日本随筆大成編輯部/編 吉川弘文館 1975年
   p.225-324 「向岡閑話」(むこうがおかかんわ)を収録
   p.231 「目次」の「中巻」の中に「関良雪」の記載あり
   p.278 「〇是政村の宿の襖に、関良雪、年七十の画あり。蟇仙人張果郎の画也。良雪は上野准后様の時、御とめ筆也と云」との記載あり
 
 △『大田南畝全集 第9巻』 大田南畝/[著] 岩波書店 1987年
   p.405-513 「向岡閑話」を収録
   p.460 「関良雪」について、『日本随筆大成 第1期 13』と同じ記載あり
 
 △『埼玉の寺 2』 敏蔭英三/写真 埼玉新聞社 1981年
   p.115-121 「山口観音 吾庵山金乗院」の項目あり
   p.119 「本堂の天井には、良雪描くところの龍の絵があり、絵の下で柏手を打つと、「ビ、ビ、ビーン」という感じの共鳴音が降ってくる。この鳴き龍は、昔から日光のそれとともに有名であった。」との記載あり
   p.120 「鳴き竜―観音堂天井絵」の写真あり
 
 【レファレンス事典から掲載されている資料を確認】
  『人物レファレンス事典 美術篇』  日外アソシエーツ株式会社/編集 日外アソシエーツ 2010年
   p.576 「関 良雪」の項目に以下の記載あり
      「元禄16(1703)年-安永4(1775)年江戸時代中期の画家。」
      掲載事典:『講談社日本人名大辞典』 
 
 〇『講談社日本人名大辞典』 上田正昭/[ほか]監修 講談社 2001年
   p.1042 「せき-りょうせつ【関良雪】(生没年不詳)」の項目あり
      「江戸時代中期の画家。江戸の人。牧谿(もつけい)や雪舟等楊(とうよう)の画を手本とし、道釈人物画を得意とした。行年六十三と付記した落款のある寿老人画をえがいている。宝暦(1751-64)ごろの人。号は三楽、東岳道人、自然斎」との記載あり
  
  『人物レファレンス事典 郷土人物編[第1期]あ~せ』 日外アソシエーツ編集部/編 日外アソシエーツ 2008年
   p.1419 「関 良雪」の項目に以下の記載あり
      「江戸時代中期の画家。」
      掲載事典:『多摩の人物史』 
 
 〇『多摩の人物史』 倉間勝義/編集 武蔵野郷土史刊行会 1977年
   p.152 「関 良雪 (せきりょうせつ) (1703-1775 元禄16-安永4)」の項目あり
      「良雪は、画家である。元禄16年(1703)六所宮の神官、鹿島田和泉守藤原正常の子として生まれた。(中略) 特に、水墨画に長じその名声は高かった。上野の精養軒の近くに良雪の記念碑が建てられている。安永4年(1775) に亡くなった。享年72才。墓は府中市本町の妙光院にある。(以下省略)」との記載あり 
  
 ×『訪ねてみたい埼玉のお寺』 インデックス編集部/編著 インデックス 2006年
   山口観音(金乗院)についての記載はあるが、天井画についての記載はなし
 ×『さいたま寺社めぐり』 花井泰子/文 幹書房 1999年
   山口観音(金乗院)についての記載はあるが、天井画についての記載はなし  
 ×『所沢市史研究 第1号』 所沢市史編集委員/編集 所沢市史編さん室 1977年
   山口観音(金乗院)についての記載はあるが、天井画についての記載はなし
 ×『所沢市史研究 第21号』 所沢市教育委員会文化財保護課/編 所沢市教育委員会 1998年
   山口観音(金乗院)についての記載はあるが、天井画についての記載はなし
 ×『埼玉のお寺』 埼玉県仏教会/監修 千秋社 2001年
   山口観音(金乗院)についての記載はあるが、天井画についての記載はなし
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (281 9版)
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
所沢市史研究 第11号 所沢市史編集委員/編 所沢 所沢市史編さん室 1987 213.4
毎日新聞縮刷版 1977年9月 毎日新聞社 編 毎日新聞社 1977 070
講談社日本人名大辞典 上田正昭/[ほか]監修 講談社 2001.12 281.033 4-06-210800-3
多摩の人物史 倉間勝義/編集 武蔵野郷土史刊行会 1977 281.36
キーワード
(Keywords)
山口観音
金乗院
関良雪
雲竜図
東岳道人
自然斎
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000281027解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!