このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢所分-2020-001
事例作成日
(Creation date)
2017/07/15登録日時
(Registration date)
2020年04月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年05月02日 13時34分
質問
(Question)
「枕慈童(まくらじどう)」という作品について知りたい。
回答
(Answer)
 能楽の曲名で、内容は、「深山に湧く薬の水を訪ねる魏の文帝の使者(ワキ)は、七百年を美少年の姿のまま生きる慈童(シテ)と出会う。周の穆王に仕えた慈童は、帝の枕をまたいだ罪でこの深山に流されたが、枕に書かれた法華経の文章と、菊の葉の露の奇跡で、不老不死の仙界に生きている。慈童は美しく舞い、長寿の薬の水を帝に捧げて終わる。」のようです。(参考:『日本大百科全書 21』)
 
 なお、観世流においては、この作品は「菊慈童」と称され、別に「枕慈童」があるようです。(この「枕慈童」については、調査不要とのこと)
 
 下記資料に記載があります。
  〇『世界大百科事典 27』 平凡社 2007年
  〇『世界大百科事典 6』 平凡社 2007年
  〇『日本大百科全書 21』 小学館 1988年
  〇『謡曲大観 第2巻』 佐成謙太郎/著 明治書院 1982年
  〇『能・狂言事典』 西野春雄/編集委員 平凡社 2011年
  〇『能楽大事典』 小林責/著 筑摩書房 2012年
  〇『あらすじで読む名作能50選』 多田富雄/監 森田拾史郎/写真 世界文化社 2015年
  〇『能鑑賞二百六十一番』 金子直樹/著 淡交社 2018年
  〇『これで眠くならない!能の名曲60選』 中村雅之/著 誠文堂新光社 2017年
  〇『能の事典』 三省堂 1984年
回答プロセス
(Answering process)
1.所蔵資料の内容確認
 〇『世界大百科事典 27』 平凡社 2007年
   p.14 「まくらじどう 枕慈童」の項に「能の曲名.観世流は《菊慈童》と称する.観世流でいう《枕慈童》は同趣向の別作品.四番目物.作者不明.シテは慈童.魏の文帝に仕える廷臣(ワキ)が、勅命を受け薬水の水源を探りに酈県山に赴く.その山奥の菊の咲き乱れた仙境に、慈童という童顔の仙人(シテ)がいた.(中略) なお、歌舞伎舞踊, 長唄の《菊慈童》の原拠となっている.」との記載あり。
 
 〇『世界大百科事典 6』 平凡社 2007年
   p.618 「きくじどう 菊慈童」の項に「能の曲名.観世流の名称で,他流はすべて《枕慈童》と称する.(以後省略)」と記載あり。
 
 〇『日本大百科全書 21』 小学館 1988年
   p.848「枕慈童 まくらじどう」の項に「能の曲目。四番目物。金春(こんぱる)、宝生(ほうしょう)、金剛、喜多(きた)流現行。ただし、金春流は昭和の復曲。観世流ではこの能を『菊慈童』とよぶ。観世流の『枕慈童』は時代を800年後に設定した同じ主題の別能で、江戸時代の改作である。深山に湧く薬の水を訪ねる魏の文帝の使者(ワキ)は、七百年を美少年の姿のまま生きる慈童(シテ)と出会う。周の穆王に仕えた慈童は、帝の枕をまたいだ罪でこの深山に流されたが、枕に書かれた法華経の文章と、菊の葉の露の奇跡で、不老不死の仙界に生きている。慈童は美しく舞い、長寿の薬の水を帝に捧げて終わる。(以後省略)」との記載あり。  
 
 〇『謡曲大観 第2巻』 佐成謙太郎/著 明治書院 1982年
   p.805-814 「菊慈童 (観 (寶 剛 喜)」の項に本文の記載あり。
     【異稱】に「もと[枕慈童]といひ、現在も寶生・金剛・喜多の諸流では[枕慈童]といってゐる。観世流にも[枕慈童]があるが、それはこれとは別な曲である。また、貞享3年の番外百番には[菊士童]があるが、これも本曲とは別である。」との記載あり。
  
 〇『能・狂言事典』 西野春雄/編集委員 平凡社 2011年
   p.143に「枕慈童」の項あり。
     「鑑賞」に「魏の文帝に仕える廷臣が、勅命を受けて薬水の水源を探りに酈県山に赴く。その山奥の菊の咲き乱れた仙境に、慈童という童顔の仙人がいた。(以後省略)」との記載あり。
 
 〇『能楽大事典』 小林責/著 筑摩書房 2012年
   p.827「枕慈童 まくらじどう」の項あり。
      「能の曲目。宝・春・剛・喜四流の<枕慈童>と観の<菊慈童>とは異名同局である。これを<枕慈童A>と称することとする。なお、観には右と同工異曲の<枕慈童>という能があり、これを<枕慈童B>と称することとする。」とし、①<枕慈童A>に「▽魏の文帝の命により、(中略) 一行が山中につくと菊の籬(まがき)を巡らした庵で一人の少年(シテ)に出会う。少年は周の穆王に使われた慈童であると名のり、枕に書かれた、帝の筆による二句の偈(げ)を示す。慈童は700年の命を保った薬の水を勅使に勧め、また、みずからも飲み、酔いにまかせて舞(楽)を舞い、やがて菊をかき分けて庵へ帰ってゆく。(以後省略)」との記載あり。
 
 〇『あらすじで読む名作能50選』 多田富雄/監 森田拾史郎/写真 世界文化社 2015年
   p.38-39 「枕慈童 まくらじどう (菊慈童 きくじどう)」の項あり。あらすじや登場人物について記載あり。
 
 〇『能鑑賞二百六十一番』 金子直樹/著 淡交社 2018年
   p.326-327 「枕慈童 まくらじどう」(四番目物 五流(観世<菊慈童>)の項あり。あらすじなどについて記載あり。
 
 〇『これで眠くならない!能の名曲60選』 中村雅之/著 誠文堂新光社 2017年
   p.202-203 「菊慈童 きくじどう」の項あり。あらすじ・楽しみ方のポイントなどの記載あり。
 
 〇『能の事典』 三省堂 1984年
   p.162 「枕慈童 まくらじどう」の項あり。あらすじや典拠などについて記載あり。
  
2.記載のなかった資料
 ×『能って、何?』 松岡心平/編 新書館 2000年
 ×『これならわかる、能の面白さ』 林望/著 森田拾史郎/写真 2006年
 ×『岩波講座 能・狂言 7 』 小山弘志/編 岩波書店 1990年
 ×『カラー百科見る・知る・読む能五十番』 小林保治/編著 勉誠出版 2013年
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
能楽.狂言  (773 9版)
戯曲  (912 9版)
参考資料
(Reference materials)
世界大百科事典 27 平凡社 2007.9 031
世界大百科事典 6 平凡社 2007.9 031
日本大百科全書 21 小学館 1988.5 031 4-09-526021-1
謡曲大観 第2巻 佐成謙太郎/著 明治書院 1982.5 912.3 4-625-51080-5
能・狂言事典 西野春雄/編集委員 平凡社 2011.1 773.036 978-4-582-12641-9
能楽大事典 小林責/著 筑摩書房 2012.1 773.033 978-4-480-87357-6
あらすじで読む名作能50選 多田富雄/監修 世界文化社 2015.10 773 978-4-418-15246-9
能鑑賞二百六十一番 金子直樹/著 淡交社 2018.5 773 978-4-473-04248-4
これで眠くならない!能の名曲60選 中村雅之/著 誠文堂新光社 2017.10 773 978-4-416-31521-7
能の事典 三省堂 1984.4 773.036 4-385-15474-0
キーワード
(Keywords)
能楽
枕慈童
菊慈童
四番目物
芸能
伝統芸能
古典芸能
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000281024解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!