このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
徳島県立図書館 (2110015)管理番号
(Control number)
徳郷20180305
事例作成日
(Creation date)
20180310登録日時
(Registration date)
2020年04月10日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年04月10日 00時30分
質問
(Question)
松浦宗作と徳島県における明治初期の風土記編纂事業について知りたい。
回答
(Answer)
1.松浦宗作について
【A】『阿波人物志』
 p123「松浦長年 まつうらながとし」の項に、
 「字は長年、通称宗作」
 「明治初年、市原源兵衛らと共に『続阿波国風土記』編纂の藩の仕事を担当した。」
 と書かれており、生没年や出身地もあり。
【B】『阿波国最近文明史料』
 この資料は国立国会図書館デジタルコレクションに収録され、図書館向けデジタル化資料送信サービス参加館で閲覧が可能。
 p416-417「此後八九年を経て明治三年の頃藩庁にて続阿波国風土記編纂に当り委員を各郡より挙たるか如し本書に掲たる列伝と故老の談とにより記載して当時地理歴史に学得ありし人々を察するに余あり之を本項の終りとす」
 として挙げられた中に、
 「徳島市 松浦宗作 野口長年の伝に附記す」
 と書かれている。「野口長年」は「野口年長」の誤りと思われる。
 p427-428「野口年長」で、松浦宗作が年長の門人であり、『阿波国風土記』編纂の幹部であったことなどが書かれている。
 
【C】『阿波名家墓所記 全』(呉郷文庫、岩村武勇文庫)
 この資料は国立国会図書館デジタルコレクションでインターネット公開されているため、自宅のPCから閲覧可。
  http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1181844  (最終確認 2020/03/27)
 p31に「松浦長年」の項があり、墓所などが記載。
【D】『阿波書画家名鑑』
 この資料は国立国会図書館デジタルコレクションでインターネット公開されているため、自宅のPCから閲覧可。
  http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/916633  (最終確認 2020/03/27)
 p66に「松浦長年」の項あり。
【E】『徳島県文人墨客小伝』
 p165に「松浦長年」の項あり。
 「国学者 松浦宗作と称す。徳島八百屋町の人、国学者を以て著る。明治十年十月 年六十八才没。」

以下は当館が所蔵する松浦長年の著作。
【F】『祭政一致本の本 土御門天皇御旧跡考證』
 当館所蔵の呉郷文庫本のマイクロフィルムより製本。『祭政一致本の本』と『土御門天皇御旧跡考證』の合本。
 呉郷文庫本は、1868年写本。本文1枚目に「名東県権大講義松浦長年謹述」と記されている。
【G】『松浦長年草稿本 全』
 内容は『阿波国古義略考(上・下)』。当館所蔵呉郷文庫本(写本)のマイクロフィルムより製本。

2.徳島県における明治初期の風土記編纂事業について
【H】『阿波国後風土記起稿 忌部神社私考 旧城展覧会出品物目録』
 当館所蔵の呉郷文庫本(写本)のマイクロフィルムより製本。
 この資料は徳島県立図書館デジタルアーカイブでインターネット公開されているため、自宅のPCから閲覧可。
 4枚目に「阿波国後風土記 巻之一 初稿 阿波国 松浦長年謹撰」と記されている。

比較的詳しいのは以下の【I】【J】だが、その中で述べられているように、詳細はわからないとのこと。
【I】『粟の抜穂 人の巻 徳島郷土双書』
 p114-117「風土記編輯掛」
  『風土記編纂掛名面』『職員録』引用文に松浦宗作の名前あり。
【J】『阿波国徴古雑抄』
 この資料は国立国会図書館デジタルコレクションでインターネット公開されているため、自宅のPCから閲覧可。
  https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1918662  (最終確認 2020/03/27)
 p2「小杉榲邨略年譜」 明治3年5月14日に、阿波国続風土記編纂掛兼務を、小杉が申しつけられたことが記されている。
【K】『徳島大学国語国文学会会報 19870500 昭和62年―平成15年 第28号』
 p1-2 「幻の「阿波風土記」」丸山幸彦/著
【L】『在村国学者・儒学者の阿波古代史研究についての史学的研究 明治初期の「阿波国風土記」編纂にかかわって』
 風土記についてはほとんど触れられていないが、p20註に少し記述がある。
【M】『阿波郡風土記 近藤有地蔵氏写本』
 p1 「序に代えて」に、明治期の風土記編纂についての記述がある。報告書が昭和20年7月3日から4日の徳島大空襲で燃えたことなどが記されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地理.地誌.紀行  (290 8版)
参考資料
(Reference materials)
【A】阿波人物志 (T280フシ31A)
【B】阿波国最近文明史料 (T209カン2B)
【C】阿波名家墓所記 全 (T280マツ1B)
【D】阿波書画家名鑑 (T720サト1A)
【E】徳島県文人墨客小伝 (T280ヤマ1D)
【F】祭政一致の本 土御門天皇御旧跡考證 (T209Lマツ4A)
【G】松浦長年草稿本 全 (T209Lマツ3A)
【H】阿波国後風土記起稿 忌部神社私考 旧城展覧会出品目録 (T209.5Lアワ42A)
【I】粟の抜穂 人の巻 徳島郷土双書 (T209イイ3-ジンA)
【J】阿波国徴古雑抄 (T209コス1A)
【K】徳島大学国語国文学会会報 第28号 (T050トク219)
【L】在村国学者・儒学者の阿波古代史研究についての史学史的研究 明治初期の「阿波風土記」編纂にかかわって (T200Lマル2A)
【M】阿波風土記 近藤有地蔵氏写本 (T208キタ22A)
キーワード
(Keywords)
松浦宗作、 松浦長年、 野口長年、 阿波国風土記
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000280411解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!