このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000024732
事例作成日
(Creation date)
2018年05月07日登録日時
(Registration date)
2020年04月09日 13時15分更新日時
(Last update)
2020年04月09日 13時15分
質問
(Question)
明治十年代に国家免許の医師となり境川村で医業を営んだ「中澤祐甫」を調べたい。
回答
(Answer)
『境川村誌』によると、村内の開業医「中沢医院」の三代目として中沢祐甫の名前が確認できる。明治9年より県病院内の医学校にて内科外科を学び、明治17年に医師免許症状を受け、大正始めまで医業に精励していた。
回答プロセス
(Answering process)
1.境川村・東八代郡関係資料調査
『境川村誌』p.805 村内の開業医についての記載の中に「中澤医院」の項があり、3代目として「中沢祐甫」の記述あり。最初は漢方を学び明治9年9月より県病院に於いて内科外科を学び、明治17年法の規定により医師免許証状を受け、大正の始めまで偉業に精励していた。4代目保文は大東亜戦争のため、郷里原に疎開し、昭和21年3月より26年3月まで施療にたずさわっていたが、終戦後東京都へ転出していった。
『東八代郡誌』p.541に大正3年の東八代医師会の名簿が掲載されている。

2.山梨県内の医療医療関係資料調査
『山梨県立中央病院史』p.150 明治10年ごろ病院内県立医学校についての記載中、訳書生の試問で好成績を挙げたもの(乙賞3名)の中に「中沢裕甫」(裕は誤植と思われる)の名前あり。
『笛吹市医師会百周年記念誌』巻頭の東八代郡医師会名簿に名前掲載。1905(明治38)年より1920(大正9)年まで掲載されている。具体的な活動内容は不明。4代目の中沢保文は、1948(昭和23)年から1949(昭和24)まで眼科医として掲載されている。

3.人名辞典調査
『山梨鑑 上』p.345に「藤垈村 医師 中澤祐甫 内外科医」と記述。名前は確認できるが、詳細不明。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 10版)
医学  (490 10版)
参考資料
(Reference materials)
境川村/編 , 境川村. 境川村誌. 境川村, 1978.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005544756-00  (p.805)
山梨県立中央病院/編 , 山梨県立中央病院. 山梨県立中央病院史. 山梨県立中央病院, 1982.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005733354-00  (p.150)
百周年記念誌編纂委員会/編集 , 笛吹市医師会. 笛吹市医師会百周年記念誌 : 医療をこえて…医師会活動一世紀の歩み. 2009.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005565757-00  (巻頭 pp.65-66)
小幡 宗海/共編 , 小幡‖宗海. 山梨鑑 上巻 復刻. 国書刊行会, 1982.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005732307-00  (p.345)
キーワード
(Keywords)
境川村
医師
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000280380解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!