このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪府立中之島図書館 (2120002)管理番号
(Control number)
6001043275
事例作成日
(Creation date)
2020/03/12登録日時
(Registration date)
2020年04月01日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年04月01日 00時30分
質問
(Question)
江戸時代後期の大阪に「篠崎概」という儒学者がいたらしい。生没年や、概要、著作などを知りたい。
回答
(Answer)
まず、篠崎「概」の名前についてですが、人名辞典等では、異体字の「槩」(「既」の下に「木」)の字で記載がありました。
また「篠崎槩」は「竹陰」と号したことが分かりましたので、「篠崎槩」「篠崎竹陰」について記載があった資料をお知らせします。

・『日本難字異体字大字典 文字編』(井上辰雄/監修 遊子館 2012.1)
p165に「概」の項があり、異体字として「槩」の記載があります。

・『国書人名辞典 第2巻 き-す』(市古貞次/[ほか]編 岩波書店 1995.5)
p435に「篠崎竹陰 しのざきちくいん 漢学者」の項があり、以下の記述があります。
「[生没]生年未詳、安政5年(1858)8月28日没。五十余歳。墓、大阪天満東寺町天徳寺。[名号]初め加藤氏。名、槩。字、公槩。通称、長平。号、竹陰・訥堂・武江。[家系]篠崎小竹の養嗣子。[経歴]江戸の人。初め古賀侗庵に学び、のち大阪に出て篠崎小竹に師事。学才を認められ、小竹の次女を娶って家学を継いだ。」
著作としては、以下が挙げられています。
「篠崎小竹篠崎竹陰新宮瓶城書簡」「篠崎竹陰詩稿」「小竹斎和文章」「小竹先生行状記」「竹陰文稿」「訥堂文稿」

・『大阪名家著述目録』(大阪府立図書館 1914)
p.81-82に「篠崎竹陰」の項があります。著作として以下が挙げられています。
「綱鑑易知録(校)」「竹陰文稿」「訥堂文稿」「明鑑易知録(校)」

・『大阪人物誌 正編』(石田誠太郎/著 臨川書店 1974)
石田文庫 昭和2年刊の復刻です。p788-789に「篠崎竹陰」の項があります。

・『漢学者伝記及著述集覧』(小川貫道著 名著刊行会 1970)
監修者:小柳司気太、関書院、昭和10年刊の複製です。
p249に「篠崎竹陰」の項があります。

・『大阪墓碑人物事典』(近松誉文/著 東方出版 1995.11)
「天徳寺」(大阪市北区与力町)の項に、「篠崎竹陰」についての記述があります(p168-169)

・『大阪人物辞典』(三善貞司/編 清文堂出版 2000.11)
p539-540に「篠崎竹陰」の項があります。


〔事例作成日:2020年3月12日〕
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本思想  (121 10版)
参考資料
(Reference materials)
日本難字異体字大字典 文字編 井上/辰雄∥監修 遊子館 2012.1
国書人名辞典 第2巻 市古/貞次∥[ほか]編 岩波書店 1995.5
大阪名家著述目録 大阪府立図書館 1914
大阪人物誌 正編 石田/誠太郎∥著 臨川書店 1974
漢学者伝記及著述集覧 小川貫道著 名著刊行会 1970
大阪墓碑人物事典 近松/誉文∥著 東方出版 1995.11
大阪人物辞典 三善/貞司∥編 清文堂出版 2000.11
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
大阪,人物・団体
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000279925解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!