このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
鹿児島県立図書館 (2110041)管理番号
(Control number)
鹿県図-190060
事例作成日
(Creation date)
2020/3/31登録日時
(Registration date)
2020年04月01日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年04月01日 11時21分
質問
(Question)
「郷中教育」の読みについて知りたい。下加治屋などのエリアを指す場合は「ごうちゅう」,「郷中教育」のように「教育」という言葉が付くと「ごじゅう」という読み方に変化しているようだが,ヨミはそう使い分けているということなのか。正しいヨミについて知りたい。
回答
(Answer)
資料1.“「郷中」は今日普通に「ガウジュウ」と読むが,この土地では古くから通常「ゴヂュウ」と読み習わして来た。而してこの「ゴジュウ」の呼び習はしが世間に広まると,今度は,之に当て字をして「郷中」の代りに,「伍中」と書き,或は「講中」の文字を用ひることさへある。「郷中」の語は「郷中を放す」といふ句として,今日なほ民間に活きて用ひられてゐる。此の場合,「郷中」は,「ゴヂュ」と読まれる。「ガウヂュウ」が「ゴヂュウ」となり,更に「ゴヂュ」とまで約まるのは,鹿児島方言にて顕著なる特質たる約音の一例である。”

資料2.p151 “薩藩時代の鹿児島城下には各地区に「二才咄(にせばなし)」「郷中(がうちゅう)」の制度があって・・・”の記述あり。
     p153 「四.郷中(がうちゅう)」の項目あり。

資料3.“今まで任意加入であった「相中」から,方限の二才全員が自動的に加わる「郷中(ごうじゅう・ごじゅう)」が出現し・・・”という記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
ヨミの「使い分け」そのものについて詳しい説明があるものは見つけられなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
1 郷中教育の研究 松本 彦三郎/著 大和学芸図書 1978 K37/マ43 39

2 健児社と薩藩士風 大久保 竜/著 第一出版協会 1943 K37/オ43 151,153

3 郷中教育と薩摩士風の研究 安藤/保?著 南方新社 2013.9 K37/ア013 22
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000279893解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!