このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M20022617308468
事例作成日
(Creation date)
2020/2/26登録日時
(Registration date)
2020年03月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年04月01日 00時30分
質問
(Question)
相撲で行司が使う「はっきよい(はっけよい)」「のこった」のかけ声の意味がわかる児童書が見たい。
回答
(Answer)
①には、「行司のかけ声、大研究!」というコラムの中で、「はっけよい」は「動きが止まった時に、「発気揚々(気を盛んに出す)」と、うながす。」言葉と記載されている。また、「残った・・・」は「動いている時に「まだ勝負がついていない」と伝える意味がある。」と記載されている。

②には、「相撲ミニ情報」のコラムで、「試合中に行司が「はっきよい」というのは「発揮揚々」(気分を高めて勝負せよ)の意味だ。また「残った」というのは, 技がかかっているがまだ勝負はついていないという意味だ。」という記載がある。

③には、力士の動きに注目した説明がある。「審判(行司)は、「はっけよい」「のこった」と声をかけ、二者に気合いを入れたり、勝負がついていないことを知らせたります。「はっけよい」は、二者が動かないときにかける声とされ、「のこった」は、二者が動いているときにかける声とされています。」と説明している。

④は、子どもにも分かりやすい簡単な言葉で説明が書かれている。「行司の「はっきよい、のこった」の声。力士は、お互いの目と呼吸だけでぶつかるタイミングを決める。この立合いが勝敗を決めることもある。「はっきよい」は「さあ、がんばれ」。「のこった」は「どちらが残るか」。このかけ声で、力士は気合をいれて相手にぶつかる。動きが止まると「はっきよい」。動いていると「のこった」。」と記載がある。

※本によって、「はっきよい」、「はっけよい」、二つの言い方がされている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
相撲.拳闘.競馬  (788 9版)
参考資料
(Reference materials)
①『みんなの相撲大全1』 教育画劇,2018,56p. 参照はp.27.
②『世界のスポーツ4』 学研,2005,47p. 参照はp.6.
③こどもくらぶ『さあ、はじめよう!日本の武道3』 岩崎書店,2010,55p. 参照はp.15.
④小野幸恵『はじめての大相撲』 岩崎書店,2003,47p. 参照はp.15.
キーワード
(Keywords)
はっきよい
はっけよい
のこった
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2020022617311908468
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
小学生(高学年), 小学生(低学年以下)
登録番号
(Registration number)
1000279659解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!