このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢狭山-2019-012
事例作成日
(Creation date)
2019/02/01登録日時
(Registration date)
2020年03月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年03月25日 09時06分
質問
(Question)
太神楽の歴史や活躍している人について書かれた本を探している。
回答
(Answer)
以下の資料に記載があります。
 〇『世界大百科事典 16』 平凡社 2007年
 〇『日本大百科全書 14 』 小学館 1987年
 〇『図説江戸大道芸事典』 宮尾與男/編著 柏書房 2008年  
 〇『太神楽』 鏡味仙三郎/著 原書房 2019年
 〇『幕末明治見世物事典』 倉田喜弘/編 吉川弘文館 2012年
 〇『寄席の人たち』 秋山真志/著 創美社 2007年
 〇『いろものさん』 橘蓮二/写真 河出書房新社 2006年
 〇『大衆芸能資料集成 第2巻』 三一書房 1981年
 〇『学校百科・はじめてみる伝統芸能 5 』 クロスロード 1989年
 〇『太神楽曲芸協会公式ウェブサイト』
回答プロセス
(Answering process)
1.所蔵資料の内容確認
 〇『世界大百科事典 16』 平凡社 2007年
   P542「太(代)神楽の項に、「民俗芸能:神楽の一種。近世初頭から伊勢神宮の隆盛に伴って起こった二人立ち(頭役と尻役)の獅子舞で、代参祈祷の清め祓いの獅子を舞わせ、神札を授けるなどして諸国を巡って歩く、代参の意味から古くは代神楽と書いたが、のちに皇太神宮、太一などの表記と同じように美称の<太>を用いるようになった。近年は、大神楽とも書く。獅子神楽に分類されるが、単に獅子を舞わすだけでなく、早くから余興芸として舞い手が曲芸を演じてみせ、やがて曲芸を本芸とするものも出た。寄席芸で太神楽というと日本式の曲芸を指すようにさえなった。」と記載あり。
 〇『日本大百科全書 14 』 小学館 1987年
   P351「太神楽」の項に、「獅子神楽の一種。獅子の霊力によって悪魔祓い・火伏せ・息災延命を祈祷する2人立ち(一頭に二人入る)の獅子舞で、太神楽、代神楽とも書く。代神楽の名は伊勢参りの代参の意に出るという。(中略)一方、江戸の太神楽は熱田派(尾張派)と伊勢派の二系統があり、早くから江戸に出て寄席芸として定着、現在も江戸の太神楽として曲芸(テゴト)や滑稽掛合い(シコナ)を演じている。」と記載あり。
 〇『図説江戸大道芸事典』 宮尾與男/編著 柏書房 2008年
   P292-303「太神楽」の項に、「獅子舞のあとに曲芸をみせる者。また、その芸。太神楽は獅子頭をまわして祈祷する。そのあとに、鞠・綾棒・笠などをつかった曲芸(放下芸)を演じた。代神楽、大神楽とも書く。江戸と上方には、それぞれ伊勢大神楽と熱田太神楽が廻っている。演じる人々は御師といわれた。獅子の神楽を演じて家々をお祓いしたあと、それぞれの伊勢神宮・熱田神宮のお札を配った。」と記載あり。
また、太神楽師12人の名前の記載あり。
 〇『太神楽』 鏡味仙三郎/著 原書房 2019年
   口絵写真、P4-19 鏡味仙成、鏡味仙志郎、鏡味仙三郎の太神楽の写真の掲載あり。
   P.20-33 太神楽の歴史について記載あり。
   P34-125 名人仙三郎自らが語る一代記の収録あり。
   P152-178 「太神楽の代表的な技芸」の記載あり。
   P179-191 「江戸太神楽今昔」の記載あり。
 〇『幕末明治見世物事典』 倉田喜弘/編 吉川弘文館 2012年
   P110-112 太神楽の歴史と活躍した人について記載あり。
   P202-203 「人物編」の項に、太神楽師粟田勝之進、鏡味仙太郎について記載あり。
 〇『寄席の人たち』 秋山真志/著 創美社 2007年
   P33-58 大神楽師柳貴家小雪について記載あり。 
 〇『いろものさん』 橘蓮二/写真 河出書房新社 2006年
   P8-21 写真集です。鏡味仙三郎、鏡味仙一、鏡味仙花、鏡味仙三、翁家小楽、翁家和楽、翁家和助、鏡味正二郎、翁家勝丸の太神楽の写真の掲載あり。
 〇『大衆芸能資料集成 第2巻』 三一書房 1981年
   P279-305 太神楽の歴史と。太神楽師三代目宝家楽翁について記載あり。
   P310-322 大日本太神楽曲芸協会会員名簿(昭和十八年八月)の収録あり。
 〇『学校百科・はじめてみる伝統芸能 5 』 クロスロード 1989年
   P5-11 名人伝『鏡味仙寿郎物語』の記載あり。
   P12 太神楽曲芸について解説あり。  
   P15-19 太神楽曲芸の種類について記載あり。
   P20-22 太神楽曲芸の歴史と太神楽名人鏡味仙三郎のインタビューの記載あり。
 △『民衆史の遺産 第4巻』 谷川健一/責任編集 大和書房 2013年
   P663-689 伊勢大神楽について記載あり。口絵に写真あり。 
 △『日本の伝統芸能』 本田安次/著 錦正社 1990年
   P46-51 獅子神楽の太神楽について記載あり。桑名の太神楽の写真の掲載あり。
      
2.記載のない資料
 ×『伝統芸能を知る本』 日外アソシエーツ株式会社/編集 日外アソシエーツ 2000年
 ×『銀鏡神楽』 浜砂武昭/著 弘文堂 2012年
 ×『日本古典芸能史』 今岡謙太郎/著 武蔵野美術大学出版局 2008年
     
3.インターネット調査
 〇『太神楽曲芸協会公式ウェブサイト 』
 太神楽の歴史や技芸、会員紹介などが掲載されています。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
大衆演芸  (779 9版)
演劇  (770 9版)
日本語  (031 9版)
参考資料
(Reference materials)
世界大百科事典 16 平凡社 2007.9 031
日本大百科全書 14 小学館 1987.3 031 4-09-526014-9
図説江戸大道芸事典 宮尾與男/編著 柏書房 2008.3 779.7 978-4-7601-3156-3
太神楽 鏡味仙三郎/著 原書房 2019.12 779.7 978-4-562-05719-1
幕末明治見世物事典 倉田喜弘/編 吉川弘文館 2012.3 779.4 978-4-642-08074-3
寄席の人たち 秋山真志/著 創美社 2007.4 779.1 978-4-420-31016-1
いろものさん 橘蓮二/写真 河出書房新社 2006.3 779.1 4-309-26880-3
大衆芸能資料集成 第2巻 三一書房 1981.1 779
学校百科・はじめてみる伝統芸能 5 クロスロード 1989.3 770 4-906125-79-4
太神楽曲芸協会公式ウェブサイト http://daikagura.org/index.html 2020/03/14
キーワード
(Keywords)
太神楽
伝統芸能
江戸
大衆演芸
寄席
芸能
雑芸
曲芸
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000276508解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!