このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢新所-2019-012
事例作成日
(Creation date)
2018/10/12登録日時
(Registration date)
2020年03月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年03月25日 09時06分
質問
(Question)
「徽宗」の読み方と人物が知りたい。また、「永徽」と同一人物なのか。
回答
(Answer)
「徽宗」は「きそう」と読みます。北宋の第八代皇帝の名前です。
以下の資料に記載があります。
 
 〇『漢字源』 藤堂明保/編 松本昭/編 他 学研 2007年
 〇『大漢和辞典 巻10』 諸橋轍次/著 大修館書店 1976年
 〇『中国人名事典』 日外アソシエーツ株式会社/編集 日外アソシエーツ 1993年
 〇『外国人物レファレンス事典 3』 日外アソシエーツ編集部/編 日外アソシエーツ 2010年
 〇『世界伝記大事典 日本・朝鮮・中国編 2』 ほるぷ出版 1978年
 〇『中国歴史地図』 朴漢済/編著 吉田光男/訳 平凡社 2009年
 〇『東洋歴史大辞典 上巻』 臨川書店 1986年
 
「永徽」は「えいき」と読みます。人名ではなく唐の年号です。
以下の資料に記載があります。
 
 〇『大漢和辞典 巻6』 諸橋轍次/著 大修館書店 1976年
 〇『世界史年表・地図』 亀井高孝/編 三上次男/編 林健太郎/編 堀米庸三/編 吉川弘文館 2016年 
 〇『山川世界史小辞典』 世界史小辞典編集委員会/編 山川出版社 2004年
回答プロセス
(Answering process)
1、所蔵資料の内容確認
①「徽宗」について、所蔵資料の内容確認。
 
 〇『漢字源』 藤堂明保/編 松本昭/編 他 学研 2007年
   P541「徽宗(キソウ)」の項目に、「1082~1135 北宋の第八代の皇帝。在位1100~25。神宗の子。書画・音楽や道教信仰に熱心で政治を顧みなかったため反乱がおこり、金の侵入にあって退位。書画をよくし、画院を設けて多くの画家を養成した。」と記載あり。
   P1920「中国文化史年表」の1127年に、「徽(キ)宗・欽宗が金に捕らえられ(靖康の難)、北宋滅ぶ。」との記載あり。
 
 △『大漢和辞典 巻4』 諸橋轍次/著 大修館書店 1976年
   P936「徽宗(キソウ)」の項目に、「宋の第八代の王。趙佶を見よ。」と記載あり。
 
 〇『大漢和辞典 巻10』 諸橋轍次/著 大修館書店 1976年
   P858「趙佶(テウキツ)」の項目に、「宋の徽宗。神宋の第十一子。哲宋に嗣いで立つ。深く百藝に通じ、書畫に尤も巧。又、道教を崇奉し、自ら教主道君皇帝と稱す。靖康の末、金人のために欽宗等と共に劫掠され、紹興五年、五國城に崩ず。廟號は徽宗。在位二十五年。年號六、建中靖國・崇寧・大觀・政和・重和・宣和。〔宋史、十九-二十二〕。」と記載あり。
 
  〇『中国人名事典』 日外アソシエーツ株式会社/編集 日外アソシエーツ 1993年
   P126「徽宗(きそう)」の項目に、「(1082(元豊5.10.10-1135(紹興5.4.21))ホイゾン」「北宋第8代の皇帝(在位1100-25)。詩文、書画などにすぐれ、造園、建築にも造詣が深く、古美術の大収集家としても知られるほか、書では瘦金体を創始。」と記載あり。
 
 〇『外国人物レファレンス事典 3』 日外アソシエーツ編集部/編 日外アソシエーツ 2010年
   P415「徽宗」の項目に、「〈11・12世紀〉中国、北宋の第8代皇帝(在位1100~25)。名は佶。神宗の子。詩文、書画、建築などに造詣が深く美術工芸を奨励。古美術の蒐集家でもあった。」と記載あり。
 
 〇『世界伝記大事典 日本・朝鮮・中国編 2』 ほるぷ出版 1978年
   P93-95「徽宗(きそう Huizong)」の項目に「徽宗(1082-1135)は中国北宋第8代皇帝(在位1100-25)。兄哲宋の病死によって帝位についた。新法党を用い、蔡京を重用し、宮殿、道観などの造営と文化事業とに財を投じた。1125年、金軍に国都開封を攻められて皇太子欽宋に譲位、27年金に捕らえられ、北満州の配所で死んだ。」と記載あり。
 
 〇『中国歴史地図』 朴漢済/編著 吉田光男/訳 平凡社 2009年
   P100「北宋末の党争」に、「哲宋の後を継いだ徽宗が即位すると、神宗の皇后だった向皇太后が摂政となった。」「親政を始めた徽宗は、徹底的に神宗の新法政治を継承する姿勢を見せた。」「徽宗は政治家より芸術家に近い気質の人物であり、書と美術にかなりの識見と資質を示した。しだいに政治から遠ざかり、道教を厚く信奉し、芸術品を収集したり壮大な宮殿や庭園を造営するなど、奢侈と享楽にふけったため、『風流天子』や『道君皇帝』などと呼ばれる。」と記載あり。
 
 〇『東洋歴史大辞典 上巻』 臨川書店 1986年
  P704「キソー 徽宗」の項目に、略歴の記載あり。人物として「帝は周成美・李淸照と共に北宋末の詩壇を飾る詩人であり、書壇に於ては之を奨勵し、北宋繪畫史の極盛期を現出せしめ、自らも繪畫をよくし、殊に花鳥畫・折枝畫は妙趣に達し寫實の精巧は他に類を見ない程で、有名な『宣和畫譜』も彼が勅輯せしめたもの。」と記載あり。
 
②「永徽」について所蔵資料の内容確認。
 
 〇『大漢和辞典 巻6』 諸橋轍次/著 大修館書店 1976年
  P890「永徽(エイキ)」の項目に、「唐、高宗(李治)の年號。(650-656)」と記載あり。  
 
 〇『世界史年表・地図』 亀井高孝/編 三上次男/編 吉川弘文館 2016年
   P4中国年号一覧に「永徽(唐)650~55」の記載あり。
 
 〇『山川世界史小辞典』 世界史小辞典編集委員会/編 山川出版社 2004年   P1010「西暦対照東洋年代表」に、唐の時代の高宗皇帝の年号で「永徽1~6年(650-655年)」と記載あり。 
  
2、記載のなかった資料
 ×『岩波世界人名大辞典 第1分冊』 岩波書店 2013年
 ×『中国歴史人物大図典 歴史・文学編』 瀧本弘之/編著 遊子館 2004年
 ×『人物レファレンス事典 美術篇』 日外アソシエーツ株式会社/編集 日外アソシエーツ 2010年
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
辞典  (813 9版)
アジア  (282 9版)
伝記  (280 9版)
参考資料
(Reference materials)
漢字源 藤堂明保/編 学研 2007.1 813.2 4-05-301828-5
大漢和辞典 巻10 諸橋轍次/著 大修館書店 1976 813.2
中国人名事典 日外アソシエーツ株式会社/編集 日外アソシエーツ 1993.2 282.2 4-8169-1164-2
外国人物レファレンス事典 3 日外アソシエーツ編集部/編 日外アソシエーツ 2010.1 280.33 978-4-8169-2220-6
世界伝記大事典 日本・朝鮮・中国編 2 ほるぷ出版 1978.7 280.33
中国歴史地図 朴漢済/編著 平凡社 2009.1 222.01 978-4-582-41107-2
東洋歴史大辞典 上巻 臨川書店 1986.10 220
大漢和辞典 巻6 諸橋轍次/著 大修館書店 1976 813.2
世界史年表・地図 亀井高孝/編 吉川弘文館 2016.4 203.2 978-4-642-09537-2
山川世界史小辞典 世界史小辞典編集委員会/編 山川出版社 2004.1 203.3 4-634-62110-X
キーワード
(Keywords)
徽宗
趙佶
年号
永徽
趙佶
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000276506解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!