このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢本-2019-037
事例作成日
(Creation date)
2016/10/16登録日時
(Registration date)
2020年03月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年03月25日 09時06分
質問
(Question)
「ヤマテリハノイバラ」という植物の名前の由来を知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料に記載があります。
 〇『名前といわれ木の写真図鑑 3』 杉村昇/写真と文 偕成社 1998年
 〇『原色牧野植物大図鑑 [正] 』 牧野富太郎/著 北隆館 1982年
 〇『APG牧野植物図鑑 1』 [牧野富太郎/著] 北隆館 2014年
 〇『原色牧野植物大圖鑑 離弁花・単子葉植物編』 牧野富太郎/著 北隆館 1997年
回答プロセス
(Answering process)
1.所蔵資料の内容確認
 〇『名前といわれ木の写真図鑑 3』 杉村昇/写真と文 偕成社 1998年
   P88「ノイバラ」の項に、「仲間のテリハノイバラ(照り葉野茨)は、葉に光沢があることからの名前です」と記載あり。
 〇『原色牧野植物大図鑑 [正]』 牧野富太郎/著 北隆館 1982年
   P226「ヤマテリハノイバラ」の項に、「和名は山にはえ、葉に光沢のあるイバラの意」と記載あり。
 〇『APG牧野植物図鑑 1』 [牧野富太郎/著] 北隆館 2014年
   P467「ヤマテリハノイバラ」の項に、「和名は、山にはえるテリハノイバラの意。」と記載あり。
 〇『原色牧野植物大圖鑑 離弁花・単子葉植物編』 牧野富太郎/著 北隆館 1997年
   P176「ヤマテリハノイバラ」の項に、「和名は、山にはえるテリハノイバラの意。」と記載あり。 
 △『樹木大図鑑』 北隆館 1991年
   P178「アズマイバラ(オオフジイバラ、ヤマテリハノイバラ)」の項に、「本種の日本名は、上記の3つが今日でも頻繁に使われている。名前については、過去の一人歩きの弊害から、実態がわかっていればよいという意識のもとに、一種の記号とみる考え方もある」と記載あり。
  
2.記載のなかった資料
 ×『日本大百科全書 23』 小学館 1988年
   P264「ヤマテリハノイバラ」の項に、名前の由来の記載なし。
 ×『原色日本野外植物図譜 1』 奥山春季/著 誠文堂新光社 1982年  
   P358「やまてりはのいばら」の項に、名前の由来の記載なし。
 ×『原色日本植物図鑑 木本編 2』 北村四郎/[ほか]共著 保育社 1979年
   P57「オオフジイバラ(ヤマテリハノイバラ)」の項に、名前の由来の記載なし。
 ×『新牧野日本植物圖鑑』 牧野富太郎/原著 
   P300「ヤマテリハノイバラ(オオフジイバラ、アズマイバラ)の項に、名前の由来の記載なし。
 ×『日本の野生植物 1』 佐竹義輔/[ほか]編 平凡社 1999年
   P201「アズマイバラ(オオフジイバラ、ヤマテリハノイバラ)の項に、名前の由来の記載なし。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
植物学  (470 9版)
森林立地.造林  (653 9版)
参考資料
(Reference materials)
名前といわれ木の写真図鑑 3 杉村昇/写真と文 偕成社 1998.4 653.21 4-03-529480-2
原色牧野植物大図鑑 [正] 牧野富太郎/著 北隆館 1982.5 470.38 4-8326-0001-X
APG牧野植物図鑑 1 [牧野富太郎/著] 北隆館 2014.9 470.38 978-4-8326-0980-8
原色牧野植物大圖鑑 離弁花・単子葉植物編 牧野富太郎/著 北隆館 1997.3 470.38 4-8326-0401-5
キーワード
(Keywords)
ヤマテリハノイバラ
植物
名前
由来
アズマイバラ
オオフジイバラ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000276503解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!