このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
釧路市中央図書館 (2310212)管理番号
(Control number)
M0306
事例作成日
(Creation date)
2016年07月05日登録日時
(Registration date)
2020年03月06日 15時57分更新日時
(Last update)
2021年06月19日 16時55分
質問
(Question)
終戦時期に釧路にいた日本軍が、駐留していた場所を知りたい。
お客様のお父様の話によると「小学校、確か別保小学校だったような気がする。山の上から釧路の街が空襲の被害を受けた様子を見ていた。」とのことだったが、真偽が定かではないとのこと。
回答
(Answer)
終戦時期、釧路での日本軍駐留場所の詳細が載った資料は、見つけられなかった。

調べて比較的明確にわかったのは、歩兵第二十七連隊(熊九二〇五部隊/旭川第七師団 ほか)が、釧路村天寧地区(現在の陸自駐屯地)に本部を作ったということで、この場所はお客様のお父様が話していた、別保小学校の北の方角にある山中であるため、近いのではないかと思われる。

そのほか『祖父母が孫たちに語る釧路空襲』には、当時の駒場町に熊部隊(おそらく前述に話していた部隊ではないかと思われる)が駐留していたとの記載があったが、それ以外にそういった記述のある資料はなく、詳細は明らかにならなかった。

また、その歩兵第二十七連隊は天寧に本部を置いた後、昆布森から大楽毛にかけての海岸線沿いに、トーチカ(コンクリートで堅固に構築した小さな砦のような陣地)を作っているが、その周辺に駐留したという情報は残っておらず、こちらも詳細は不明である。

以上のことから、調べて1番正確性の高い情報を、お客様にお電話でお伝えした。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『釧路町史』釧路町史編集委員会/編.1990, 1423p.図版13枚.22cm,K 292 /K /(資料コード:213534194)
『道東 戦後四十年史: 歴史編(上巻)』釧路新聞社/編.1986.11, 820p.31cm,OK 292 /K /1(資料コード:213476049)
『歩兵第二十七聯隊史』陸上自衛隊第二十七普通科連隊広報班/編.1977.6, 98p.21cm,K 396 /R /(資料コード:211314116)
『旭川第七師団』示村 貞夫/著.1984, 450p.22cm,K 396 /S /(資料コード:211314064)
『祖父母が孫たちに語る釧路空襲-もう戦争はいやです』加藤 忠史/著. 2004.7, 53p.31cm,QK 369.3 /K /2(資料コード:213977955)
キーワード
(Keywords)
別保小学校
釧路空襲
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000275439解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決