このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
神奈川大学図書館 (3310064)管理番号
(Control number)
19-04
事例作成日
(Creation date)
2020年01月21日登録日時
(Registration date)
2020年03月02日 16時23分更新日時
(Last update)
2020年04月10日 13時50分
質問
(Question)
「SWOT分析」についての概要がわかる資料が見たい。OPACで「SWOT分析」と検索したがヒットしなかった。
回答
(Answer)
回答プロセスの資料を紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
利用者によると、「SWOT分析」をキーワードに検索してもヒットしなかったが、「フレームワーク」で検索してヒットした資料にSWOT分析についての記述があった。

1.JapanKnowledge Lib・JDreamⅢで用語の意味、関連語句を確認する。
JapanKnowledge Libで「SWOT分析」を検索。
―企業などの組織が目標を達成するために、強みstrengths、弱みweaknesses、機会opportunities、脅威threatsの四つの指標に基づいて自己評価を行う分析手法。(中略)詳細な事業立案を行う前のブレーン・ストーミング段階で、内部環境と外部環境を把握するための枠組みで、おもに「強み」が「弱み」を、「機会」が「脅威」を上回っているかどうか確認する。マーケティングコンサルティングなどで頻繁に使用されている。(SWOT分析/日本大百科全書)

JDreamⅢで「SWOT分析」の関連語句を検索。
SWOT分析(準シソーラス) 同義語:SWOT/SWOT analysis
上位シソーラス用語群:分析
関連シソーラス用語群:バランススコアカード/意思決定/経営戦略

2.経営やマーケティングに関連する用語であることが判明しているため、当館OPACで経営、マーケティング関連の参考図書を検索、ブラウジングする。
「経営」「用語」
深山明, 海道ノブチカ, 広瀬幹好編.『最新基本経営学用語辞典』-- 改訂版. -- 同文舘出版, 2015.
「マーケティング」「事典」
石井栄造著.『マーケティングリサーチ』-- 日本能率協会マネジメントセンター, 2006. -- (図解ビジネス実務事典 : 読んで使える引いてわかる).
「マーケティング」「用語」
野上眞一著.『マーケティング用語図鑑』-- 新星出版社, 2017.

3.当館OPACで「SWOT」を検索。SWOT分析に関係する資料をブラウジングする。
伊藤裕一, 宮川雅明共著.『グローバル時代の多目的SWOT活用 : 探索から確認までのSWOTの設計と実施』-- 産業能率大学出版部, 2013.
宮川雅明著.『事業計画立案のための実践プロセス : K-SWOT』-- 産業能率大学出版部, 2008.
大住荘四郎編著 ; INPM関東コンソーシアム著.『実践:自治体戦略マネジメント : SWOT/CRMによる地域価値の創造』-- 第一法規, 2005.

4.経営学に関する用語であることが判明しているため、当館OPACで「経営」を検索。ブラウジングを行う際に、目次や索引にSWOT分析の項目がないか確認する。
板倉宏昭著.『経営学講義』-- 新訂版. -- 勁草書房, 2017.
淺羽茂, 須藤実和著.『企業戦略を考える』-- 日本経済新聞出版社, 2013. -- (日経文庫 ; 1276).

5.利用者による事前調査でSWOT分析がフレームワークの一つであることが判明しているため、当館OPACで「フレームワーク」を検索。ブラウジングを行う際に、目次や索引にSWOT分析の項目がないか確認する。
平賀均編著.『コンサルタントのフレームワーク : 経営診断の基本的な手法を身につける!』-- 新版. -- 同友館, 2016.
原尻淳一著.『ビジュアルマーケティング・フレームワーク』-- 日本経済新聞出版社, 2016. -- (日経文庫 ; 1933).

6.CiNiiArticlesで「SWOT」を検索。本文の閲覧が可能な文献で、SWOT分析の概観がわかるような論文をピックアップする。
片山富弘「SWOT分析に対する若干の考察」(『流通科学研究』1346-9614 中村学園大学流通科学部 2019-03 18 2 65-75)
https://ci.nii.ac.jp/naid/120006622392/

山本勝之,田隈広紀「P2Mに基づく外部環境駆動型製品開発フレームワークの提案」(『国際P2M学会研究発表大会予稿集』一般社団法人 国際P2M学会 2017 228-238)
https://ci.nii.ac.jp/naid/130007062869/

濱田佑希,越島一郎,渡辺研司「動的状況マネジメントのための共同組織に関する研究」(『国際P2M学会研究発表大会予稿集』一般社団法人 国際P2M学会 2015 37-51)
https://ci.nii.ac.jp/naid/130007062853/

7.J-STAGEで「SWOT」を検索。本文の閲覧が可能な文献で、SWOT分析の概観がわかるような論文をピックアップする。
吉田健司「(59)改善型SWOT分析の提案と戦略構築連携に関する研究」(『經營學論集』2014 84巻 第84集 経営学の学問性を問う p. F59-1-F59-5 公開日2019/09/27 Online ISSN 2424-2047 Print ISSN 2432-2237)
https://doi.org/10.24472/abjaba.84.0_F59-1

濱田佑希,越島一郎,渡辺研司「状況マネジメントのための動的対応シナリオ策定手法に関する研究」(『国際P2M学会研究発表大会予稿集』2015 2015.Spring巻 2015 春季 p. 347-356 公開日2017/07/01 Online ISSN 2432-0382)
https://doi.org/10.20702/iappmproc.2015.Spring.0_347

朴壽永,安江紘幸,中尾宏「アイディア発想促し機能を備えたウェブ型SWOTとTOWS分析ツールの開発」(『農業情報研究』2018 27巻 1号 p. 1-13, 公開日2018/03/30 Online ISSN 1881-5219, Print ISSN 0916-9482)
https://doi.org/10.3173/air.27.1
事前調査事項
(Preliminary research)
牧田幸裕著.『デジタルマーケティングの教科書 : 5つの進化とフレームワーク』-- 東洋経済新報社, 2017.
NDC
企業.経営  (335 9版)
経営管理  (336 9版)
マーケティング  (675 9版)
参考資料
(Reference materials)
深山明, 海道ノブチカ, 広瀬幹好編.『最新基本経営学用語辞典』-- 改訂版. -- 同文舘出版, 2015, ISBN 9784495357160
野上眞一著.『マーケティング用語図鑑』-- 新星出版社, 2017, ISBN 9784405102873
伊藤裕一, 宮川雅明共著.『グローバル時代の多目的SWOT活用 : 探索から確認までのSWOTの設計と実施』-- 産業能率大学出版部, 2013, ISBN 9784382056831
宮川雅明著.『事業計画立案のための実践プロセス : K-SWOT』-- 産業能率大学出版部, 2008.
大住荘四郎編著 ; INPM関東コンソーシアム著.『実践:自治体戦略マネジメント : SWOT/CRMによる地域価値の創造』-- 第一法規, 2005, ISBN 4474019121
板倉宏昭著.『経営学講義』-- 新訂版. -- 勁草書房, 2017, ISBN 9784326504411
淺羽茂, 須藤実和著.『企業戦略を考える』-- 日本経済新聞出版社, 2013. -- (日経文庫 ; 1276), ISBN 9784532112769
原尻淳一著.『ビジュアルマーケティング・フレームワーク』-- 日本経済新聞出版社, 2016. -- (日経文庫 ; 1933), ISBN 9784532119331
石井栄造著.『マーケティングリサーチ』-- 日本能率協会マネジメントセンター, 2006. -- (図解ビジネス実務事典 : 読んで使える引いてわかる), ISBN 4820716786
井徳正吾 [ほか] 著.『マーケティング』-- 日本能率協会マネジメントセンター, 2005. -- (図解ビジネス実務事典 : 読んで使える引いてわかる), ISBN 482071662X
平賀均編著.『コンサルタントのフレームワーク : 経営診断の基本的な手法を身につける!』-- 新版. -- 同友館, 2016, ISBN 9784496052279
日本経営分析学会編.『経営分析事典』-- 新版. -- 税務経理協会, 2015, ISBN 9784419061579
堀公俊著.『ビジュアルアイデア発想フレームワーク』-- 日本経済新聞出版社, 2014, ISBN 9784532119287
片山富弘「SWOT分析に対する若干の考察」(『流通科学研究』1346-9614 中村学園大学流通科学部 2019-03 18 2 65-75)
https://ci.nii.ac.jp/naid/120006622392/ (2020年3月30日最終確認)
山本勝之,田隈広紀「P2Mに基づく外部環境駆動型製品開発フレームワークの提案」(『国際P2M学会研究発表大会予稿集』一般社団法人 国際P2M学会 2017 228-238)
https://ci.nii.ac.jp/naid/130007062869/ (2020年3月30日最終確認)
濱田佑希,越島一郎,渡辺研司「動的状況マネジメントのための共同組織に関する研究」(『国際P2M学会研究発表大会予稿集』一般社団法人 国際P2M学会 2015 37-51)
https://ci.nii.ac.jp/naid/130007062853/ (2020年3月30日最終確認)
吉田健司「(59)改善型SWOT分析の提案と戦略構築連携に関する研究」(『經營學論集』2014 84巻 第84集 経営学の学問性を問う p. F59-1-F59-5 公開日2019/09/27 Online ISSN 2424-2047 Print ISSN 2432-2237)
https://doi.org/10.24472/abjaba.84.0_F59-1 (2020年3月30日最終確認)
濱田佑希,越島一郎,渡辺研司「状況マネジメントのための動的対応シナリオ策定手法に関する研究」(『国際P2M学会研究発表大会予稿集』2015 2015.Spring巻 2015 春季 p. 347-356 公開日2017/07/01 Online ISSN 2432-0382)
https://doi.org/10.20702/iappmproc.2015.Spring.0_347 (2020年3月30日最終確認)
朴壽永,安江紘幸,中尾宏「アイディア発想促し機能を備えたウェブ型SWOTとTOWS分析ツールの開発」(『農業情報研究』2018 27巻 1号 p. 1-13, 公開日2018/03/30 Online ISSN 1881-5219, Print ISSN 0916-9482)
https://doi.org/10.3173/air.27.1 (2020年3月30日最終確認)
キーワード
(Keywords)
SWOT
SWOT分析
経営
マーケティング
フレームワーク
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000274873解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!