このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
2019-49
事例作成日
(Creation date)
2020年02月09日登録日時
(Registration date)
2020年02月18日 12時47分更新日時
(Last update)
2020年02月29日 10時51分
質問
(Question)
愛媛県出身の幕末明治の長崎遊学者で、G.F.フルベッキの長崎時代(1859年~1869年)に洋学を学んだことについての資料があるか。
回答
(Answer)
情報源・出典に挙げられていた【資料1】は、江戸時代に長崎へ遊学した先人について各県立図書館に調査を依頼し回答をまとめた資料とあり、愛媛県の回答部分から、1859年~1869年に長崎に遊学していた人物として、井関盛艮(いせきもりとめ)、越智菘(おちたかし)、谷世範(たにぜはん)、二宮敬作(にのみやけいさく)、前原巧山(まえはらこうざん)、三瀬周三(みせしゅうぞう)、山本節庵(やまもとせつあん)が該当すると考えられる。
これらの人物、また愛媛県における蘭学関係の以下の資料を調査したが、フルベッキの長崎時代に洋学を学んだことについて、自伝、日記、書簡、紀行文などの資料は見当たらなかった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『長崎遊学者事典』 平松勘治/著 淡水社 平成11年 <当館請求記号:R281.03-ヒカ-1999>
【資料2】『日蘭交流史 その人・物・情報』 片桐一男/編 思文閣出版 平成14年 <当館請求記号:210.5-ニチ-2002>
【資料3】『伊予の蘭学』 影山昇/著 青葉図書 昭和50年 <当館請求記号:K402-2>
【資料4】『伊予の蘭学 近代科学の夜明け』 愛媛県歴史文化博物館 平成9年 <当館請求記号:K402-3>
【資料5】『愛媛県史 近世下』 愛媛県 昭和62年 <当館請求記号:K200-31>
【資料6】『愛媛県史 学問・宗教』 愛媛県 昭和60年 <当館請求記号:K200-31>
【資料7】『愛媛県史 人物』 愛媛県 平成元年 <当館請求記号:K200-31>
【資料8】『愛媛県医師会史』 愛媛県医師会 昭和44年 <当館請求記号:K490-3>
【資料9】「井関盛艮のこと」 川崎宏/著 『みなみいよ』第8号 昭和38年 <当館請求記号:K380-11>
【資料10】『文化の里 二宮敬作の研究』 三好綾子/著 昭和58年 <当館請求記号:K289-ニケ-1983>
【資料11】『二宮敬作とその周囲』 二宮直一/著 保内町教育委員会 平成14年 <当館請求記号:K289-ニケ-1982>
【資料12】『二宮敬作と関係人物』 門多正志/著 宇和町教育委員会・宇和郷土文化保存会 平成13年 <当館請求記号:K289-ニケ-2001>
【資料13】『蘭学大家 三瀬諸淵先生』 長井音次郎/著 不偏閣 昭和3年 <当館請求記号:K289-ミシ-1928>
【資料14】『三瀬諸淵 シーボルト最後の門人』 愛媛県歴史文化博物館 平成25年 <当館請求記号:K289-ミモ-2013>
キーワード
(Keywords)
フルベッキ
長崎遊学者
洋学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000274131解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!