このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央2572
事例作成日
(Creation date)
2017年05月30日登録日時
(Registration date)
2020年02月07日 16時23分更新日時
(Last update)
2020年02月07日 17時26分
質問
(Question)
 昭和初期(1926年~)に横浜市中区にいた「青木七兵衛」と「石川徳右衛門」という人物について調査している。
1 青木七兵衛と石川徳右衛門に接点があったのか知りたい。
2 青木七兵衛と石川徳右衛門が住んでいたところを知りたい。また、その場所がわかる地図はあるか。
回答
(Answer)
1 青木七兵衛と石川徳右衛門の接点について
 『横濱市誌』 越智剛二郎/編 横浜市誌編纂所 1929.6
 p.89に青木七兵衛の項目があり、その中に「祖父七兵衛のころは地行十四石目の土地を
 有せる豪家なりしが、其の長子駒吉(兵の伯父)明治初年に數町歩の田地を代官石川徳右
 衛門氏に質入れして大金を費消し同五年に死去したり」と記述があります。
 こちらの資料は、「国立国会図書館デジタルコレクション」で閲覧可能です。
  http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1028952

  青木家と石川家に接点はあったようですが、青木七兵衛と石川徳右衛門との接点に
 ついてはわかりませんでした。

2 所在地について
 (1) 所在地がわかる資料
  ア 青木七兵衛
    1で挙げた『横濱市誌』p.89に、青木七兵衛の住所が記載されています。
   住所は「根岸町立野三八七一番地」です。

  イ 石川徳右衛門
   (ア) 『京浜実業家名鑑』 京浜実業新報社/編 京浜実業新報社 1907.12
      p.68に十二代石川徳右衛門の項目があり、住所も記載されています。
      住所は「横濱市元町二丁目百八番地」です。
      こちらの資料は、「国立国会図書館デジタルコレクション」で閲覧可能です。
       http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/779587
  
   (イ) 『開港五十年紀念横浜成功名誉鑑』 森田忠吉/編 横浜商况新報社 1910.7
      p.86に十二代石川徳右衛門の項目があり、(ア)と同じ住所が記載されています。
      こちらの資料は、横浜市立図書館デジタルアーカイブ「都市横浜の記憶」で
      閲覧可能です。
       https://www.lib.city.yokohama.lg.jp/Archive/DTRP0320?SHIRYO_ID=2235

 (2) 所在地の場所がわかる地図
   『横濱市土地寶典 中区之部[1]』(1930年刊)
   「根岸町字立野」の項目で青木七兵衛の所在地「根岸町立野三八七一番地」の場所が
   確認できます。
   「所有者等一覧」には青木七兵衛が所有者であることが記されています。
   また、「元町」の項目で、石川徳右衛門の所在地「横濱市元町二丁目百八番地」の
   場所も確認できます。
   「所有者等一覧」には石川徳右衛門が所有者であることが記されています。
   こちらの資料は、「神奈川県デジタルアーカイブ」で閲覧可能です。
   土地宝典
    https://www.klnet.pref.kanagawa.jp/digital_archives/houten.htm
   「4200502555 横浜市 土地宝典」をご覧ください。
  
インターネット情報の最終確認日 2019年11月15日
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000273764解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!