このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000272715
提供館
(Library)
尼崎市立中央図書館 (2310083)管理番号
(Control number)
兵尼2020-3
事例作成日
(Creation date)
2010年03月04日登録日時
(Registration date)
2020年01月18日 14時25分更新日時
(Last update)
2020年01月24日 15時55分
質問
(Question)
水戸光圀の歌集が見たい。
回答
(Answer)
◆水戸光圀による歌集は以下の二つです。

(1)「常山詠草(じょうざんえいそう)」
→『国家大系 第15巻 近代諸家集 1』に収録あり。
当館には所蔵がなく、尼崎市立北図書館参考室の禁帯資料(貸出不可)だったためそちらを案内。
また、尼崎市立図書館での所蔵はありませんが、こちらの作品は『日本歌学全書 第1-12編』
『水戸学大系 第5巻』『水戸義公全集』にも掲載があります。

(2)「西山公集」
→ 国立国会図書館サーチ等にて「西山公集」「光圀」で検索するが該当が見つからず。

◆回答を調査した資料は以下。

『和歌大辞典』 犬養 廉/(他)編 明治書院(1986)→ 回答(1)(2)が光圀の家集として記載あり
 ※「家集」は『広辞苑 第7版 あ-そ』岩波書店(2018)によると「個人の歌集」のこと。
『和歌文学大辞典』 明治書院(1962)→ 回答(1)のみ記載
回答プロセス
(Answering process)
1.『和歌大辞典』『和歌文学辞典』で“光圀”の項を参照

2.回答の二つの家集/歌集が記載されていたため、蔵書検索及びインターネット検索

3.回答の(1)が収録された資料は当館には所蔵がなく、尼崎市立北図書館参考室の禁帯資料(貸出不可)だったためそちらを案内

4.(2)の歌集の名称については蔵書検索でもインターネット検索でもヒットしなかった

※以降、データベース登録時に確認した事項

回答の歌集(2)について、改めて国立国会図書館サーチで「水戸光圀」「西山」のキーワード検索を行ったところ、愛知学院大学図書館情報センターによるレファレンス事例が見つかり、こちらの回答を参考とさせていただいて追記を行いました。(参考資料の項にリンク掲載)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911)
参考資料
(Reference materials)
犬養廉 [ほか]編 , 犬養, 廉, 1922-2005. 和歌大辞典. 明治書院, 1986.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001792485-00
[伊藤嘉夫/等編]. 歌人系統図. [明治書院], 1962.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I010829310-00
レファレンス協同データベース事例(愛知学院大学図書館情報センター):水戸光圀の書いた「西山漫筆」が見たいが、どこに所蔵しているか。( https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000053682
日本随筆大成編輯部 編 , 日本随筆大成編輯部. 日本随筆大成 第2期‐14. 吉川弘文館, 1974.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I074075815-00
キーワード
(Keywords)
水戸光圀
徳川光圀
歌集
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
◆データベース入力にあたっての追記事項

回答(2)について、歌集ではなく随筆ですが、名称の近い作品として光圀公の談話がまとめられた「西山公随筆」が見つかりました。
この作品は当館所蔵の『日本随筆大成 第2期14』多田 義寛/(他)著 吉川弘文館(1974)で見ることができます。
調査種別
(Type of search)
文献紹介 所蔵調査 所蔵機関調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000272715解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!