このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000272581
提供館
(Library)
相模原市立橋本図書館 (2210035)管理番号
(Control number)
相橋-R1-030
事例作成日
(Creation date)
2019年12月10日登録日時
(Registration date)
2020年01月15日 16時34分更新日時
(Last update)
2020年01月19日 12時58分
質問
(Question)
「延寿」という刀鍛冶について書かれたものが見たい。
回答
(Answer)
①の記事を見てもらったところ、「延寿」が刀の派の名前だということに間違いないだろうとのことだった。
その後②に「延寿」という項があり、刀鍛冶の名が「国村」らと判明。
③④⑤を提供した。
回答プロセス
(Answering process)
検索エンジンGoogle( http://www.google.co.jp/ 2019/12/10 最終確認)でキーワード“延寿 刀”で検索した結果、次の記事が見つかった。
①「延寿派・南朝方についた刀工集団 延寿派 来派から分かれた一派 国村が代表工」( https://kougetsudo.info/enjuha/ 2019/12/10 最終確認) 刀剣・日本刀・刀買取専門店のホームページより。これにより、「延寿」の読みが「えんじゅ」と判明した。

②『図解日本刀事典 刀・拵から刀工・名刀まで刀剣用語徹底網羅!!』歴史群像編集部/編 学習研究社 2006(自館請求記号:R756)
第7章『刀工と鐔工』に
p139『延寿 えんじゅ 鎌倉時代末期~南北朝時代。肥後国。来國行の孫と伝えられる國村が肥後国菊池に移住して隆盛した。國資(くにすけ)、國時、國泰などがいる。』
p150『國村 くにむら 鎌倉時代後期 肥後国 「國村」。 延壽太郎國村。延壽派の祖。』とある。

③『日本刀事典 普及新版』得能 一男/著 光芸出版 2003 (自館請求記号:R756)
p173 『国村 肥後-正和 「国村」延寿太郎 大和系の弘村(来国行の娘婿)の子で、元応頃に肥後菊地に移り延寿鍛冶の始祖となる。』とある。

④『日本刀工刀銘大鑑』 飯田 一雄/著 京都 淡交社 2016 (自館請求記号:R756)
p277-p278『国村 くにむら 肥後国 鎌倉末期(正和) 延寿太郎。延寿派の祖。』とある。
また『付録:主要刀工系図・作刀年代表 古刀編』に、p894に延寿國村系図があった。(『校正古刀銘鑑』)(『元亀本刀剣目利書』)

⑤『大名家・著名家刀剣目録』福永 酔剣/著 雄山閣出版 2000 (自館請求記号:R756)
『著名家刀剣目録』の章『刀匠栗原彦三郎家刀剣目録』の項、
p227「一四二 重要美術品 拵付刀 延寿国村 二尺二寸四分(約67.6cm)(図91) 拵 鉄蔦唐草象堪嵌、惣金具、目貫二双桐。伊東伯爵家伝来。「図91 重要美術品 延寿国村」
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
金工芸  (756)
参考資料
(Reference materials)
『図解日本刀事典 刀・拵から刀工・名刀まで刀剣用語徹底網羅!!』歴史群像編集部/編 学習研究社 2006
『日本刀事典 普及新版』得能 一男/著 光芸出版 2003
『日本刀工刀銘大鑑』 飯田 一雄/著 京都 淡交社 2016
『大名家・著名家刀剣目録』福永 酔剣/著 雄山閣出版 2000
キーワード
(Keywords)
延寿
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000272581解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!