このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
3A19005981
事例作成日
(Creation date)
2019年09月20日登録日時
(Registration date)
2019年12月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年12月06日 00時30分
質問
(Question)
東大阪市内に「玉川市場」という市場があったらしい。その市場が現在のどこにあったのか、またどのような変遷をたどったのか知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料に関連する記述がありましたので、ご紹介します。

(1) 『東大阪市の昭和 -写真アルバム-』 (石上 敏/監修 樹林舎 2013.8)
p.70、「玉川市場付近の街並み」(撮影場所:岩田、撮影年代31年)が掲載されています。「河内市誕生の翌年の岩田商店街。」と記述があり、岩田商店街の中にあったことが分かります。
p.71に「玉川市場」(撮影場所:岩田、撮影年代31年頃)が掲載されています。写真の説明文には「市場には小売の商店が食料、衣料などをそれぞれ販売していた。しかしその後歯が抜けるように店舗が少なくなり、火災が起こって昭和43年頃に消滅した。」とあります。

下記資料(3)~(5)により、若江岩田駅周辺に商店街があることが分かったので、当館が所蔵する一番古い東大阪市(当時は河内市)の住宅地図で、若江岩田駅周辺の地図を確認しました。
(2) 『大阪府精密住宅地図 河内市]』 (住宅協会出版部/[編] 住宅協会出版部 1966) 
p.30に若江岩田駅が掲載され、駅の北側に資料(1)の写真に写っていた「精肉てんぐ」「とらや書房」の商店の名前が記載されていましたが、「玉川市場」の名前はがありませんでした。所在地は岩田町4丁目14番辺りのようです。

(3) 『東大阪の商店街 -商店街の構造分析- 1967』 (東大阪商工会議所/共編 東大阪商工会議所 1967.11)
p.40「若江岩田駅周辺商店街」の「概況」に、玉川市場の言及はありませんが「小売市場内の商店を含めて約180店と多くを数えている」と記載されています。
巻末の地図11に「若江岩田駅周辺商店街」の地図があり、資料(2)で確認した場所に「市場」と記載されています。

(4) 『商店街の規模と構造 -東大阪市における-』 (東大阪商工会議所/編 東大阪商工会議所 1970.12)
p.14「若江岩田周辺商店街」の解説がありますが、玉川市場の言及はありません。
巻末「表8 若江岩田駅前周辺商店街」の地図があり、資料(2)で確認した場所に「市場」と記載されています。

(5) 『東大阪市小売商業の現状と主要商店街の規模・構造 [1985]』 (東大阪商工会議所 1985)
p.64「若江岩田駅周辺商店街」の解説がありますが、玉川市場の言及はありません。
巻末「若江岩田駅周辺商店街」の地図があり、資料(2)で確認した場所に「市場」という記述がなくなり、「美容」と書かれています。


商用データベース「聞蔵Ⅱビジュアル」(朝日新聞)、「ヨミダス歴史館」(読売新聞)、「毎索」(毎日新聞)で記事検索をしましたが、昭和43年の火事の記事は確認できませんでした。

下記の資料には「玉川市場」の記載はありませんでしたが、若江岩田駅周辺の商店街の写真が掲載されていましたので、参考までにご紹介させていただきます。
(6) 『河内 -市勢要覧- 1960』 (河内市役所/編集 河内市役所 1960) 
p.17 「近鉄若江岩田駅前商店街」
 
(7) 『かわち 1961』 (河内市役所市長公室/編 河内市役所市長公室 1962)
p.17 「近鉄若江岩田駅前商店街」上記(6)と同じ写真です。
 
(8) 『かわち 1964』 (河内市市長公室企画係/編 河内市市長公室企画係 1964) 
p.17 「近鉄若江岩田商店街」

(9) 『伸びゆく河内市』 (河内市市長公室広報課/編 河内市市長公室広報課 1965) 
p.35 「若江岩田駅前通り」 

(10) 『河内市のあゆみ』 (河内市総務部秘書課広報係/編 河内市総務部秘書課広報係 1967)
p.34 「上 当時の岩田商店街北部をのぞむ(30年)」「左 現在の岩田商店街北部をのぞむ(41年)」

なお、「玉川」は東大阪の旧自治体名だったようです。
(11) 『角川日本地名大辞典 27 大阪府』 (「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編 角川書店 1983.10)
p.746「たまがわ 玉川<東大阪市>」の項に「〔近代〕玉川村 明治22年~昭和18年の自治体名。(中略)岩田・西岩田・瓜生堂・稲葉・菱江の5か村が合併して成立」「〔近代〕玉川町 昭和18年~30年の中河内郡の自治体名。玉川村に町制施行して成立。役場は岩田に設置」。(中略)同30年河内市の一部となり、町制度の5大字は同市の大字に継承。」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
1.当館所蔵検索をフリーワード“東大阪×商店街”と検索、資料(3)~(5)が見つかる。
2.おおさかポータルを“玉川”ד市場”と検索したがヒットせず。“東大阪”ד商店街”と検索、布施のみが見つかる。
3.東大阪市立図書館蔵書検索をキーワードを“玉川”ד市場”として検索したがヒットせず。“東大阪”ד商店街”と検索し、資料(4)が見つかる。当館でも所蔵があるのを確認。
4.googleを“玉川市場”ד東大阪”と検索、資料(1)が見つかる。
5.玉川市場が所在していたのは旧河内市なので、当館所蔵検索を出版者“河内市”と検索、資料(6)~(10)が見つかる。
6.当館の郷土資料コーナーにて、東大阪の歴史に関する本を確認。
7.資料(1)に、「昭和43年頃に火災があって消滅した」とあったので、朝日、毎日、読売の各新聞記事データベースを、発行年を1968年、キーワードを“大阪”ד火事”で検索するが有用記事なし。
8.大阪府立図書館蔵書検索にて、「東大阪市ー歴史」「東大阪市ー政治行政」の件名で検索。有用資料見つからず。
9.当館所蔵検索にて、タイトルを“東大阪市×住宅×地図”として検索、資料(2)が見つかる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
商業史.事情  (672 9版)
参考資料
(Reference materials)
当館書誌ID <0080249847>  東大阪の商店街 -商店街の構造分析- 1967 東大阪商工会議所/共編 東大阪商工会議所 1967.11  資料(3)
当館書誌ID <0080249829>  商店街の規模と構造 -東大阪市における- 東大阪商工会議所/編 東大阪商工会議所 1970.12  資料(4)
当館書誌ID <0000572419>  東大阪市小売商業の現状と主要商店街の規模・構造 [1985]  東大阪商工会議所 1985  資料(5)
当館書誌ID <0080208845>  大阪府精密住宅地図 東大阪市 -大阪府全商工住宅案内図帳- [1966〜1975] 住宅協会出版部/[編] 住宅協会出版部 1966-1975  資料(2) 「東大阪市<東部・旧枚岡市>」(1966年版)、「東大阪市<東部・旧枚岡市>」(1970年版)、「東大阪市<東部・旧枚岡市>」(1975年版)、「河内市」(1966年版)、「東大阪市<中部・旧河内市>」(1966年版)、「東大阪市<中部・旧河内市>」(1975年版)の合冊製本です
当館書誌ID <0080260415>  河内 -市勢要覧- 1960 河内市役所/編集 河内市役所 1960  資料(6)
当館書誌ID <0080260441>  かわち 1961 河内市役所市長公室/編 河内市役所市長公室 1962  資料(7)
当館書誌ID <0080230084>  伸びゆく河内市 河内市市長公室広報課/編 河内市市長公室広報課 1965  資料(9)
当館書誌ID <0080260440>  かわち 1964 河内市市長公室企画係/編 河内市市長公室企画係 1964  資料(8)
当館書誌ID <0012811336>  東大阪市の昭和 -写真アルバム- 石上 敏/監修 樹林舎 2013.8 978-4-902731-56-9 資料(1)
当館書誌ID <0080185876>  河内市のあゆみ 河内市総務部秘書課広報係/編 河内市総務部秘書課広報係 1967  資料(10)
当館書誌ID <0000184865>  角川日本地名大辞典 27 大阪府 「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編 角川書店 1983.10 9784040012704 資料(11)
キーワード
(Keywords)
玉川市場
若江岩田駅
東大阪市岩田町
岩田商店街
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000271416解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!