このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000271181
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B2020口頭0101
事例作成日
(Creation date)
2019年12月23日登録日時
(Registration date)
2019年12月23日 14時15分更新日時
(Last update)
2020年01月15日 10時54分
質問
(Question)
化学繊維の種類、特徴や製法について詳しく知りたい。
回答
(Answer)
まず、繊維または化学製品を扱っている事典である資料1から4までを確認しました。
【 】内は当館の請求記号です。インターネットの最終アクセス日は2019年12月2日です。

資料1
繊維学会 編. 繊維便覧. 第3版. 丸善, 2004.12 【PB2-H2】

資料2
日本化学会 編. 化学便覧. 応用化学編1. 第7版. 丸善出版, [2014] 【PA2-L15】

資料3
日本化学会 編. 化学便覧. 応用化学編2. 第7版. 丸善出版, 2014.1 【PA2-L16】

資料4
一見輝彦 著. わかりやすいアパレル素材の知識. 第3版. ファッション教育社; 星雲社 (発売), 2012.3 【PB21-J2】

資料1の「1・1・1 繊維の定義と特徴」内の「表1・2 1次構造(繊維の出発原料)に基づく繊維の分類表」(p.2)によると、「化学繊維、人造繊維」には、レーヨンなどの再生繊維、アセテートなどの半合成繊維、ナイロンなどの合成繊維、ガラス繊維などの無機繊維、金・銀糸などの金属繊維が含まれます。
同資料の、「1・4・2 再生繊維、半合成繊維」(pp.152-158)、「1・4・3 合成繊維」(pp.159-187)、「1・4・4 無機・金属繊維」(pp.187-197)に、それぞれの繊維の生成・製法と構造及び特徴が記載されています。また、「1・4・5 その他有用繊維」(pp.197-207)には、ポリ塩化ビニル繊維、ポリ塩化ビニリデン繊維、ポリイミド繊維、フッ素繊維、PBO繊維、ポリ乳酸繊維について、同じく製法などが記載されています。
資料2のⅡ編(基盤的科学技術)5章(高分子合成・加工技術)「4 繊維の製造・加工技術」(pp.322-328)には、ポリエステルやナイロンなどの繊維原料の製造技術、紡糸や延伸などの化学繊維の製造技術、紡績糸・布の製造技術及び染色・仕上げ加工の説明があります。
また、資料3のⅣ編(有機・高分子化学品/材料)18章(高分子材料)「8 繊維用高分子材料」(pp.1173-1181)には、化学繊維を有機繊維と無機繊維に分類した図18.61「繊維の分類」がp.1173に掲載されているほか、ビスコースレーヨン繊維やアセテート繊維などのそれぞれの繊維材料や、中空糸膜や光ファイバーなどの特殊繊維の説明があります。
資料4の第2章のp.14にはアパレルに使われる化学繊維の分類を表した「表2-1 アパレル用繊維の分類」が掲載されています。また、同章には、再生繊維、合成繊維、半合成繊維、その他の繊維の説明に加え、改良化学繊維として、異形断面繊維、中空繊維、異形中空繊維、複合繊維(コンジュゲート・ファイバー)、極細繊維、抗ピリング性繊維、難燃繊維、易染性ポリエステル、制電繊維、導電繊維、シルキー繊維の説明が記載されています。

また、化学繊維に関する業界団体である日本化学繊維協会のホームページを確認したところ、化学繊維の歴史、種類、性能、製法などを記載したインターネット情報1が見つかりましたので、紹介します。

インターネット情報1
日本化学繊維協会( https://www.jcfa.gr.jp/
トップ>化学繊維を知ろう>化学繊維の基礎知識>化学せんい冊子ダウンロード2014年2月版
https://www.jcfa.gr.jp/about_kasen/knowledge/ebook/index.html

国立国会図書館提供調べ方ページ「リサーチ・ナビ」の調べ方案内でも、繊維に関する資料を紹介していますので、あわせてご覧ください。

・繊維技術について調べる( https://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-400300.php
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
繊維工学  (586 10版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
化学繊維
ナイロン
ポリエステル
レーヨン
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
科学技術
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000271181解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!