このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000270243
提供館
(Library)
葛飾区立中央図書館 (2300098)管理番号
(Control number)
葛中-2019017
事例作成日
(Creation date)
2014/2/2登録日時
(Registration date)
2019年12月14日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年12月15日 09時46分
質問
(Question)
明治時代は東京の各地で渡船が運行されていたと聞いた。葛飾区内ではどこに渡船場が設けられていたか知りたい。
回答
(Answer)
『都史紀要 35-近代東京の渡船と一銭蒸汽-』によると、明治初年、葛飾区内の中川に渡船場が5か所運営されています。発着が立石村と奥戸村間の奥戸渡、立石村と奥戸新田間の奥戸新田渡、新宿町飛地と淡ノ須村間の諏訪野渡、曲金村と青戸村間の曲金渡、亀有村と新宿町間の新宿渡です。渡船賃はたとえば曲金渡では1人3厘、牛馬7厘と、ヒトより動物の方が面積をとるため高額になっています。『葛飾区の歴史(東京ふる里文庫14)』によると、地名の「戸」は津が変化したもので、「津」は港や渡し場の意味で青戸、奥戸はその一例となる、との記載があります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
内陸水運.運河交通  (684 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 『都史紀要 35-近代東京の渡船と一銭蒸汽-(都史紀要 35)』東京都公文書館/編 東京都情報連絡室 1991,p.21-22表1  
2 『葛飾区の歴史(東京ふる里文庫 14)』 入本英太郎文 東京にふる里をつくる会編 名著出版 1979,p.211
キーワード
(Keywords)
交通-葛飾区,河川運送,渡船
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000270243解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!