このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000270148
提供館
(Library)
京都府立京都学・歴彩館 (2110022)管理番号
(Control number)
京歴-479
事例作成日
(Creation date)
2018年12月05日登録日時
(Registration date)
2019年12月11日 17時50分更新日時
(Last update)
2019年12月12日 09時20分
質問
(Question)
蹴鞠をしている人が「アリアリ」「ヤア」等と、かけ声をかけているのを見た。かけ声には意味があるのか?
回答
(Answer)
『日本の蹴鞠』(①)pp.68-69「請声(こいこえ)」の節によると、かけ声は基本的に「あり」「やあ」「おう」の三種類で、最初に鞠を蹴り始める時、鞠がゆっくり飛んで来た時、急に来た時、複数のかけ声が重なる場合等、状況に応じて使いわけることが書かれている。

蹴鞠保存会『蹴鞠』(②)p.6によると、鞠を蹴る時には「アリ」「ヤア」「オウ」と、かけ声をかけながら蹴る。「アリ」「ヤア」「オウ」は、それぞれ鞠の精「夏安林」「春楊花」「秋園」を指しており、その名を呼びながら、鞠が続くことを願って蹴る。かけ声は鞠の受け渡しの合図でもあることが書かれている。

『蹴鞠の研究:公家鞠の成立』(③)のp.24にも①と同様の記述があり、声をかけることは鞠の精の助けを求める意味を持ち、「鞠を乞(こ)ふ」とも言うことが書かれている。

前述の資料①のpp.89-94「蹴鞠の神様」の節には、蹴鞠の達人であった藤原成通(なりみち、1097-1162)の前に、「夏安林(げあんりん)」「春楊花(しゅんやうか)」「秋園(しゅうおん)」という三人の鞠の精が現れたことが記されている。鞠の精は、3~4歳くらいの子供で、顔は人、手と足と体は猿であったという。
回答プロセス
(Answering process)
当館の蔵書検索システムでキーワード「蹴鞠」で検索し、出てきた『日本の蹴鞠』(①)、『蹴鞠』(②)、『蹴鞠の研究:公家鞠の成立』(③)に、蹴鞠のかけ声に関する記述があるのを見つけた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会.家庭生活の習俗  (384)
参考資料
(Reference materials)
① 池修著.日本の蹴鞠.光村推古書院,2014. (当館請求記号:||384.8||I31||)
② 蹴鞠保存会編.蹴鞠.蹴鞠保存会,2009. (当館請求記号:K1||384.8||Ke34||)
③ 渡辺融,桑山浩然著.蹴鞠の研究:公家鞠の成立.東京大学出版会,1994. (当館請求記号:||384.8||W46||)
キーワード
(Keywords)
蹴鞠
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000270148解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!