このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000269445
提供館
(Library)
枚方市立中央図書館 (2310213)管理番号
(Control number)
00018-191110
事例作成日
(Creation date)
2019年11月30日登録日時
(Registration date)
2019年11月30日 11時48分更新日時
(Last update)
2019年12月03日 12時15分
質問
(Question)
シニアとは何歳からをいうのか
回答
(Answer)
事典類を見ると、シニア=高齢者という定義はあっても、何歳からと明示したものは見当たらなかった。「65歳前後」「55歳以上」「50-69歳」など。
厚生労働省や世界保健機関の定義では65歳以上の人のことを高齢者としている。
回答プロセス
(Answering process)
・『現代用語の基礎知識―必携!カタカナ語・略語版』によると、シニア層は、「高齢者を指す婉曲表現。具体的には何歳をさすのかはまちまち。「65歳前後」「55歳以上」「50-69歳」など。シニアエイジ、オールドは「老いた」「歳をとった」の直接的表現だが、広告表現では昨今敬遠されている」という説明。
・『広辞苑 第7版』では、シニアは「②年配者。高齢者」という説明。
・e-ヘルスネット(厚生労働省)では、高齢者とは65歳以上の人のこと、と定義している。「国連の世界保健機関(WHO)の定義では、65歳以上の人のことを高齢者としています。65-74歳までを前期高齢者、75歳以上を後期高齢者と呼びます」と説明している。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
家族問題.男性.女性問題.老人問題  (367)
参考資料
(Reference materials)
現代用語の基礎知識-必携!カタカナ語・略語版 自由国民社, 2013., ISBN 978-4-426-11635-4
広辞苑 第7版. 岩波書店, 2018. p. 1319, ISBN 978-4-00-080131-7
キーワード
(Keywords)
シニア
高齢者
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000269445解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!