このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
宮城県白石高等学校図書館 (5100010)管理番号
(Control number)
宮城県白石高-2019-10
事例作成日
(Creation date)
2019年07月09日登録日時
(Registration date)
2019年11月13日 14時12分更新日時
(Last update)
2019年11月13日 14時12分
質問
(Question)
集中力を身につけたい。参考になる資料はないか。
回答
(Answer)
調査資料1のp26-28には「集中力を妨害するものを排除しよう」の項があり,集中力そのものを高めることに加えて,集中力を妨げるものを取り除くことが重要であることが書かれている。

さらに,横断検索であたりをつけて取り寄せた調査資料2のp5-6にまえがきとして「子供にとって大切なのは,学力よりも,集中力だ。」の項があり,以下の記述がある。
「学力は,集中力の結果にすぎません。学力だけでなく,スポーツでも遊びでも,集中力はいろいろな能力の基本です。大人でも集中力のない人がいます。たとえばセミナーに行くと,最初は聞いていますが,集中力が持続できずに別のことを考え始めたり,あくびの出る人がいます。その場に自分の意識を集中させることが継続してできないのです。逆に考えると,集中力をアップさせることで,仕事や勉強の能率が上がり,成功に近づくことができるのです。」

同じく取り寄せた調査資料3の中に,試合に対する心理的準備についてp168-179に写真入りで詳しい記述があるのを見つけた。
回答プロセス
(Answering process)
本校所蔵資料についてはだいたい読んでみた,とのことだったので市図書館の資料を中心にどんなものがあるかをWebOPACで調べ,必要に応じて市図書館から団体貸出で借り受けることにした。生徒からそれなりに有用だった,という反応があった資料について記載する。
事前調査事項
(Preliminary research)
何事にも集中力が大事,とよく言われる。勉強だけではなく,他の場面でも集中できるようになると良い。「勉強法」みたいな本は,今のところあまり役に立たなかった。
NDC
普通心理学.心理各論  (141 10版)
参考資料
(Reference materials)
調査資料1 ここ一番!の集中力を高める法 児玉光雄 東洋経済新報社 2002
調査資料2 なぜあの人は集中力があるのか 中谷彰宏 ダイヤモンド社 2002
調査資料3 野球メンタルトレーニング 高妻容一 西東社 2004
キーワード
(Keywords)
やる気
オンとオフ
切り替え
リラクゼーション
サイキングアップ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
市図書館の資料と県内図書館の資料で対応できた。回答するにあたり調査資料3を入れたことで心理学だけによらない資料提供になっている。
インターネットも含めて,現代人には集中力をそぎ落とすモノを抱え過ぎているのかもしれない。本を読むことで考え方を少しは変えていくことができていると良いが・・・。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
高校生
登録番号
(Registration number)
1000265166解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!