このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000265030
提供館
(Library)
三田市立図書館 (2300078)管理番号
(Control number)
2017021
事例作成日
(Creation date)
20180207登録日時
(Registration date)
2019年11月11日 10時01分更新日時
(Last update)
2020年01月26日 12時36分
質問
(Question)
戦中、戦後の中国・満州・朝鮮からの引揚記録はないか。引揚船やどこに入港したかもわかると良い。
回答
(Answer)
①~⑪の資料を案内。
引揚げについて分かり易くまとめられているものや、引揚げの全体が詳細記録されているもの、1つの引揚港に絞って記録されているものなど、たくさんの記録があるので、調べたい内容によって資料を選ぶと良い。
また、引揚げとは戦後の事を指す資料がほとんどで、戦中においての中国・満州方面から日本への航路は鉄道連絡船と呼ばれる船であったようだ。
回答プロセス
(Answering process)
まずは、自館に所蔵のある本や兵庫県立図書館から取寄せられる本、NDLデジタルで閲覧可の情報がないかを探していった。
次に、文献から出てきた色々なキーワードを元に、インターネットを使って検索した。

①『遥かなる紅い夕日』 独立行政法人平和祈念事業特別基金/企画・監修  2006 (120907092)  巻末の年表に満州からの引揚船と入港した港の名前が出ている。

② ①の出典となった資料『援護50年史』 厚生省社会・援護局援護50年史編集委員会/監修 ぎょうせい 1997(兵庫県立図書館所蔵) 戦後の引揚者への援護行政などについてまとめられている。

③『引揚げと援護三十年の歩み』 厚生省援護局/編 ぎょうせい 1977(兵庫県立図書館所蔵)②と同じ 

④『戦後引揚げの記録』若槻泰雄/著 時事通信社 1991 (110664927) 引揚げについての記述はあるが、引揚船や港についての記載は無し。

⑤ ④の元となった資料『戦史叢書 中国方面海軍作戦1』(兵庫県立図書館所蔵) 内容は昭和13年まで。

⑥『満州奉天日本人史』福田実/著 謙光社 1976(兵庫県立図書館所蔵) 入港した港の記載は無し。

⑦『引揚援護の記録』引揚援護庁/編 1950 (NDLデジタルコレクションにて閲覧可)によると、1945年より、地方引揚援護局が浦賀・舞鶴・下関・博多・佐世保・鹿児島・函館・宇品・田辺・唐津・別府・仙崎・戸畑・大竹の14地域で開局された。引揚の進捗にともなって閉局になり、1948年5月31日に引揚援護庁が設置される頃には佐世保、舞鶴、函館の3局となったことが分かる。戦後の引き上げにはこれらの港に船が着いたようだ。
『続・引揚援護の記録』1955 『続々・引揚援護の記録』1963(共にNDLデジタルコレクションで閲覧可)

⑧「舞鶴引揚記念館」 「浦頭引揚記念館(佐世保)」など現在は記念館が建っているところもあり、そのHPで船の路線など確認することもできる。舞鶴引揚記念館HPに使われている航路の出典は、『舞鶴地方引揚援護局史』厚生省引揚援護局 1961 (NDLデジタルコレクションにて閲覧可)

⑨地方援護局が残している資料には⑧の他に、『佐世保引揚援護局史』佐世保引揚援護局情報係/編 1951   『函館引揚援護局史』函館引揚援護局局史係/編 1950   『局史』田辺引揚援護局 1946 などがある。 (NDLデジタルコレクションにて閲覧可)


⑩”戦中 航路”でネット検索をすると、関釜連絡船というキーワードが見つかった。
『日本大百科全書6』P290 に、第二次世界大戦終了まで下関と朝鮮の釜山を結ぶ鉄道連絡船に「関釜連絡船」という船(山陽鉄道)があったことが分かる。『鉄道連絡船のいた20世紀』イカロス出版  2003 に関釜連絡船の歴史や運用など記されているようだ。当館に書蔵がなく未確認。
”関釜連絡船”に関連して”博釜連絡船”も存在したようだが、『日本大百科事典』『世界大百科全書』にも記載無し。

⑪『鉄道汽船旅行案内. 第6巻』(NDLデジタルコレクションで閲覧可) コマ番号77に、大阪商船の横浜-神戸-門司-大連を結んでいた船の航路表を見ることが出来る。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『遥かなる紅い夕陽 : 満洲からの引揚げ』森田拳次/作  中国引揚げ漫画家の会事務局  独立行政法人平和祈念事業特別基金  2006
https://iss.ndl.go.jp/books/R000000048-I000000846-00
『援護50年史』 厚生省社会援護局  ぎょうせい  1997 
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002585941-00 , ISBN 4324050481
『引揚げと援護三十年の歩み』 厚生省援護局/編   厚生省援護局  ぎょうせい  1978
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I003622898-00
『戦後引揚げの記録』 若槻泰雄/著 時事通信社  1991
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002151550-00 , ISBN 4788791420
『戦史叢書 72 : 中国方面海軍作戦1』 防衛庁/防衛研修所 朝雲新聞社  1974
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I024453102-00
『満洲奉天日本人史 : 動乱の大陸に生きた人々 改訂版』 福田実/著 謙光社  1983
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001664905-00 , ISBN 4905864488
『引揚援護の記録』 引揚援護庁/編 引揚援護庁 1950
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000882005-00
『舞鶴地方引揚援護局史』  厚生省  1961
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I059405528-00
『日本大百科全書 6 (かれーきよう)』 小学館  1985
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001767775-00 , ISBN 4095260068
キーワード
(Keywords)
引揚げ
引揚船
中国引揚げ
満州
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000265030解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!