このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000264956
提供館
(Library)
神奈川県立図書館 (2110018)管理番号
(Control number)
企-190004
事例作成日
(Creation date)
2017年09月16日登録日時
(Registration date)
2019年11月09日 16時20分更新日時
(Last update)
2019年12月20日 17時47分
質問
(Question)
『文豪ストレイドッグス』というマンガでは、文豪たちが自分の作品名にちなんだ能力名をつけている。国木田独歩の能力名は「独歩吟客」だが、この作品は存在するか?あれば読んでみたい。
回答
(Answer)
所蔵している『国木田独歩全集』(全8巻)を調査したところ、『独歩吟客』という作品は収蔵されていなかった。
近いものでは、「独歩吟」という詩歌集が第4巻に収録されている。
『国木田独歩全集 第4巻』 国木田独歩著 改造社 1930年 

『作家のペンネーム辞典』佐川章著 創拓社 1990年 を調査したところ、p.164-165に次のような記載があった。
「明治三十年(一八九七)、処女作『源叔父』脱稿、このとき、孤独の中を独り歩む気持ちより<独歩>と名乗る。二十六歳であった。かくして小説家国木田独歩が誕生。明治三十九年(一九〇六)、『運命』で作家的地歩を確立。早くから自然主義文学を提唱し、明治後期の文壇に君臨した。他のペンネームに<孤島生、鏡面生、鉄(てっ)斧(ぷ)生、九天生、田舎漢(いなかもの)、独歩吟客、鞠水、遠山雪子、白雲>などがある。」

また、『編集者国木田独歩の時代』黒岩比佐子著 角川学芸出版 2007年 のp.30にも、次のような記述があった。
「『独歩』という号を筆名に使い始めたのは、彼がこうした一連の新体詩を「独歩吟」と題して、『国民之友』に発表したときからである。「独歩吟」は郊外を逍遥するときに生まれた詩で、文字通り「独り歩く」という意味で「独歩」とつけたのだった。彼が「独歩吟客」と署名するのを見て、周囲の人々が「独歩君、独歩君」と呼ぶようになり、自然にそれが号になったという。」
回答プロセス
(Answering process)
全集で作品名ではないことを確認し、ペンネーム辞典をあたった。910.26と国木田独歩で検索し、関連資料を確認した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
作品集  (918)
日本文学  (910)
参考資料
(Reference materials)
佐川章 著 , 佐川, 章, 1941-. 作家のペンネーム辞典. 創拓社, 1990.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002148142-00 , ISBN 4871381102
黒岩比佐子著 , 黒岩, 比佐子. 編集者国木田独歩の時代. 角川学芸出版, 2007. (角川選書, 417)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I007038729-00 , ISBN 9784047034174
キーワード
(Keywords)
独歩吟客
国木田独歩
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査 文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物 人物
質問者区分
(Category of questioner)
高校生
登録番号
(Registration number)
1000264956解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!