このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000263638
提供館
(Library)
立正大学古書資料館 (3300026)管理番号
(Control number)
R-049
事例作成日
(Creation date)
2018年02月25日登録日時
(Registration date)
2019年11月03日 13時40分更新日時
(Last update)
2019年11月13日 14時22分
質問
(Question)
『文段経』(請求記号 D0/115)に見られる蔵書票と印3種(添付ファイル参照)の使用時期を知りたい。
蔵書票
蔵書票

印1
印1

印2
印2

印3
印3
回答
(Answer)
大学の名称の変遷から、大まかには推定が可能である。

○日蓮宗大檀林(明治17年9月~同37年3月)

・蔵書票「大檀林/圖書部」
日蓮宗大檀林時代の蔵書票と推定される。この蔵書票が貼られている資料は多く残る。本来は〇の中に千字文の漢字を書入れているが、請求記号D0/115のものにはそれが見られない。

・印1「日蓮宗/大檀林/藏板章」
日蓮宗大檀林時代の印と推定される。ただし、大檀林の蔵書を示す印は、「日蓮宗/大檀林/圖書記」の方が多い。「…藏板章」は本来、大檀林にて印刷した本に押していたと考えられる。「…圖書記」の印の代わりに「…藏板章」の印を押したか。『倶舎三科七十五法大意』(請求記号 A62/84)(嘉永6年、江戸、和泉屋庄次郎)にも「…藏板章」の印が押されている。


○日蓮宗大学(明治40年4月~大正13年4月)

・印2「日蓮宗/大学圖/書課印」
日蓮宗大学時代の印と推定される。


○立正大学(大正13年5月~現在)
・印3「大正 年 月/ 購/立正大學/圖書館」
立正大学の印。「大正」とあるので、大正13年から同15年までに押されたと考えられる。

大学の印は、再整理のタイミングで随時押されていったと推定される。(蔵書票、印1⇒印2、印3追加)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
日蓮宗
檀林
蔵書票
印章
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000263638解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!