このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図2019146
事例作成日
(Creation date)
2019年11月01日登録日時
(Registration date)
2019年11月02日 11時05分更新日時
(Last update)
2020年08月13日 16時44分
質問
(Question)
1 カメムシのにおいは何なのか。
2 かまれたが,毒があるか。
回答
(Answer)
1 カメムシのにおいは何なのか。

『カメムシ:おもしろ生態と上手なつきあい方』野澤雅美/著,農山漁村文化協会,2016【486.5/116ノ】
 p.45-47 くさいだけではない「におい」の秘密
  p.46-47 「次にこのにおいの成分である。においの成分は種によって違いが認められている。(略)ブチヒゲカメムシやエゾアオカメムシ近縁種では、割合に違いがあるもののヘキサナール、オクテナール、デセナールなどのアルデヒド類が分析されている。これらは、カメムシのにおいの主成分として知られている。」

『野外の毒虫と不快な虫』梅谷献二/編,新版,全国農村教育協会,2007【R486.1/107ウ】
 p.187-198 カメムシの仲間
  p.187 「この臭い物質は,カメムシ科ではヘキセナール・オキソヘキセナールといった不飽和のアルデヒドである。」

『化合物の辞典』高本進/[ほか]編集,朝倉書店,1997【R431.1/97タ】
 p.455-461 アルデヒド
  p.456 ヘキサナール
   「特異臭ある無色液体。」
  p.456 オクタナール
   「無色液体。」
  p.456 デカナール
   「低融点の無色固体。」
  デセナールはなし。

『有機化合物辞典』有機合成化学協会/編,講談社,1985【R437/85ユ】
 p.898-899 ヘキサナール
  p.899 「咽頭を刺激して咳を誘発する不快臭がある。」

カメムシ皮膚炎の事例あり。(最終確認日:令和2年7月15日)
https://webview.isho.jp/journal/detail/abs/10.18888/J01266.2016280967
『皮膚科の臨床』58巻4号(2016年4月),金原出版
 「速やかに消退した足底色素斑 カメムシが原因と思われた2例」結城明彦/[ほか]著

2 かまれたとき,毒があるか。

『カメムシ:おもしろ生態と上手なつきあい方』【486.5/116ノ】(前出)
 p.42-44 マイストローで好物を一刺し
  p.43 「南京虫として知られる虫は、正しくはトコジラミと言われる種類であり、正真正銘カメムシの仲間である。人の血を吸って生活する衛生害虫である。(略)」
  毒については記述がない。

『日本原色カメムシ図鑑:陸生カメムシ類 [第1巻]』安永智秀/[ほか]共著,全国農村教育協会,1993【R486.5/93ヤ】
 巻頭 カメムシの解説
  「ときに人体の皮膚を刺して激しい痛みを与えるため,衛生害虫に名を連ねるものもある。」

『野外の毒虫と不快な虫』【R486.1/107ウ】(前出)
 p.187-198 カメムシの仲間
  p.187 「カメムシの害としては,臭いのほかに口吻で刺す害もある。(略)日本ではこの仲間で危険な種はいないが(略)」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
昆虫類  (486)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
カメムシ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000263606解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!