このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000262757
提供館
(Library)
神戸市立中央図書館 (2210004)管理番号
(Control number)
神戸図–1498
事例作成日
(Creation date)
2019年09月05日登録日時
(Registration date)
2019年10月19日 16時03分更新日時
(Last update)
2019年11月22日 09時38分
質問
(Question)
北野異人館のパラスティン邸に住んでいたロシア人について知りたい。ロシアから日本に亡命し、広島で被爆したようだ。
回答
(Answer)
フョードル・パラシューチン(パラスティンのロシア語読み)

『歴史と神戸』第48巻第1号 p.24
「一九七一年に広島市が編纂した『広島原爆戦災誌第一巻総説』の中に被爆外国人の項がある。その中に白系ロシア人の被爆状況も記されており、『京橋町で洋服店を経営していた白系ロシア人のフェードル・パラシェチン、アレクサンドラ夫妻は、店内で被爆、負傷したが、現在神戸市に住み、健在である』…」との記述あり。
同頁に「洋服商をしていた」との記述もある。

また、フョードル・パラシューチン氏と同じくロシアから日本へ亡命し、洋服商をしていた友人として、イワン・セルゲェエビッチ・ウォルヒン氏が紹介されている。
彼については「一八九四年、帝政ロシアに生まれた」「朝鮮戦争の終わる一九五三年までには神戸に来ていた」「三宮の高架下で洋服を売っていた方にうかがったところ、ウォルヒンさんもこの頃、この場所で洋服を売っていたそうだ」など複数の情報がある。

『異人館のある町並み北野・山本』p.50
パラスティン邸の解説と写真が載っている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『異人館のある町並み北野・山本 : 神戸市北野町山本通重要伝統的建造物群保存地区・20周年記念』神戸市教育委員会事務局社会教育部文化財課 編 神戸市教育委員会, 2000.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002923401-00  (当館ID PV:6000290875 当館請求記号 0015=647=)
佐藤 美友紀 , 佐藤 美友紀. 史人の道草つづり書き 神戸の亡命ロシア人を訪ね歩いて. 2009-02. 歴史と神戸 48(1) (272) p. 19~24
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I10170301-00  (当館請求記号 T00=23)
キーワード
(Keywords)
異人館
パラスティン邸
ロシア人
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000262757解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!