このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000262462
提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
2019-30
事例作成日
(Creation date)
2019年10月05日登録日時
(Registration date)
2019年10月09日 10時37分更新日時
(Last update)
2019年10月18日 16時09分
質問
(Question)
江戸時代の三津浜周辺の地図はないか。
三津浜に「浜御殿」という殿さまが宿泊するようなお宿が存在していたようで、その宿の場所を調べている。
一説によると、その場所は現在、運動場になっているとか。
また、「浜御殿」に関わるような資料があれば教えてほしい。
回答
(Answer)
1 江戸時代の三津浜周辺の地図について
【資料1】に3点収録されている。
(1)三津浜図(貞享~元禄年間)
(2)三津界隈之地図(幕末期)
(3)三津ヶ浜之地図(幕末期)
これらの絵図の原本は、いずれも伊予史談会が所蔵しており、閲覧禁止となっている。

2 浜御殿について
三津浜において藩主の宿となったのは、「お茶屋」ではないかと思われる。現在の三津浜小学校のところ。
【資料2】p43、p55~58
【資料3】p31~33
上記絵図(1)に、「茶屋」という広い敷地もある。「浜御殿」は、絵図中に確認はできない。

なお、宇和島には「浜御殿」という建物があったようだ。
【資料4】p98~103
「宇和島城下絵図を読み解く-浜御殿の建設年代を中心に-」。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
三津浜の歴史を研究されている方に「浜御殿」について調査依頼をしたが、有力な情報はなかった。
NDC 
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『伊予史談会所蔵絵図集成』(伊予史談会 2013)<当館請求記号:K200-イヨ-2013>
【資料2】『三津界隈はええとこぞなもし』(山野芳幸著 エーシー 1996)<当館請求記号:K293.1-ヤヨ-1996>
【資料3】『三津浜誌稿』(三津浜郷土史研究会 1960)<当館請求記号:K293.1-13>
【資料4】『伊予の城めぐり』(愛媛県歴史文化博物館編集 イヨテツケーターサービス 2010)<当館請求記号:K205-エヒ-2010>
キーワード
(Keywords)
浜御殿
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000262462解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!