このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
京都市図書館 (2210023)管理番号
(Control number)
右中ー郷土ー129
事例作成日
(Creation date)
2019年10月02日登録日時
(Registration date)
2019年10月02日 20時04分更新日時
(Last update)
2019年11月14日 10時12分
質問
(Question)
葵祭について,名前の由来を知りたい。
回答
(Answer)
“葵祭”は,上賀茂神社(賀茂別雷神社),下鴨神社(賀茂御祖神社)で毎年5月に行われる例祭“賀茂祭(かもさい)”の俗称です。【資料1・3・5】

“賀茂祭”の起源は奈良時代以前で,“葵祭”の他にも,単に“祭”と呼ばれたり,“北祭”,“ミアレ”とも呼ばれました。【資料2・6】

“葵祭”の呼び名の由来は,“賀茂祭”において葵が,桂の木の枝と共に神殿に供えられたり,社殿や祭の奉仕者の衣服,牛車の簾にも飾り付けられるなど,信仰を象徴する植物だった事から,と言われています。【資料6・7】

“賀茂祭”が文献に“葵祭”として登場するのは,寛永年間(1624~1644)ごろからです。【資料1・8・9】
慶長15年(1610),上賀茂神社から徳川家康へ葵を進上して以来,毎年将軍家へ葵をおさめる“葵使(あおいつかい・あおいのつかい)”が派遣されるようになります。“賀茂祭”は応仁の乱以降途絶えていましたが,元禄7年(1694)には徳川幕府の援助を得て,朝廷の祭りとして再興しました。葵を家紋とする徳川家との関係が深まった事で,“葵祭”と呼ばれるようになったとも考えられています。【資料1・3~5・8】
回答プロセス
(Answering process)
●京都市図書館所蔵の葵祭に関する資料を確認・・・【資料1・2】

●【資料1】の参考文献を確認・・・【資料3・4】

●【資料4】の参考文献を確認・・・【資料5】

●当館所蔵の辞典を確認・・・【資料6~8】

●【資料8】の参考文献を確認・・・【資料9】
【資料9】「寛永二年四月十九日」 “かものあふひのまつりにて。”
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291)
日本史  (210)
年中行事.祭礼  (386)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『京都を学ぶ 洛北編』(京都学研究会/編 ナカニシヤ出版 2016)p122~139“賀茂祭行列の再興 -葵と徳川綱吉-”
【資料2】『賀茂祭と臨時祭』(出雲路 通次郎/著 両賀茂社式年正遷宮奉祝委員会 1937)p1~2“賀茂祭 第一 名称”
【資料3】『創造する市民 2011冬号』(京都市生涯学習振興財団 2011)p10~19“葵使 -徳川将軍家と賀茂別雷神社-”
【資料4】『京都産業大学日本文化研究所紀要 第14号』(京都産業大学日本文化研究所 2009)p207~221“賀茂別雷神社「葵使」関係文書の翻刻と解説(下)”
【資料5】『まなびすと vol.4(2008冬1月~3月)号~vol.6(2008秋9月~12月)号』(京都市生涯学習総合センター[ほか] 2008)vol.5(2008春夏4月~8月)号p15~17“神聖なる葵 -京都の三大祭(2)-”
【資料6】『新編大言海』(大槻 文彦/著 冨山房 2001)p10“あおいかつら”“あおいまつり”,p454“かもまつり”
【資料7】『国史大辞典 3』(国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1983)p623“かものまつり 賀茂祭”
【資料8】『年中行事大辞典』(加藤 友康[ほか]/編 吉川弘文館 2009)p204~206“かものまつり 賀茂祭”
【資料9】『続群書類従 補遺3‐[9] お湯殿の上の日記』(塙 保己一/編纂 続群書類従完成会 1980)p502“寛永二年四月十九日”
キーワード
(Keywords)
葵祭
賀茂祭
徳川
葵使
京都三大祭
上賀茂神社
下鴨神社
賀茂社
葵桂
葵楓
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000262236解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!