このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
都城市立図書館 (2300083)管理番号
(Control number)
0400000033
事例作成日
(Creation date)
20180911登録日時
(Registration date)
2019年09月23日 00時30分更新日時
(Last update)
2022年06月26日 12時30分
質問
(Question)
「ボラ土」について解説した本を探している。
園芸や田んぼ、灌漑施設などで使う。都城市近辺で採れる土だという。ネットではなく本で見たい。
回答
(Answer)
「ボラ」は降下軽石ないし降下軽石層を指す鹿児島地方の方言(『地学事典』平凡社より)。

『土の百科事典』P264~265
 火山噴出物の項にボラ(桜島・霧島を噴出源とする軽石層やスコリア層)の記述あり
『新版 地学事典』P1233
 鹿児島地方の方言、淘汰がよく肥料もちが悪いため、農耕には適さず、と記述あり
『現代農業』2010年3月号 P100~101(「ルーラル電子図書館」でも検索可)
 “ボラ土で通気性アップ”の見出しあり
『花卉園芸大百科2 土・肥料・水管理』P148
 火山灰土壌の項に日向土の記述あり(=ボラ土のことか)
『農業技術事典』P1450
 風化したボラは比較的柔らかで保水性があるので“日向ボラ土”と称して園芸用土として利用されていると記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
「ボラ土」をキーワードに業務用OPACを全文検索、雑誌『現代農業』の2010年3月号がヒット。
その他関連分類(農業・園芸・地学)の棚をブラウジング、該当記述のある資料をピックアップした。
農文協のデータベースシステム『ルーラル電子図書館』でも、キーワード「ボラ土」で『現代農業』の2010年3月号はヒットした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
農業基礎学  (613 10版)
地球科学.地学  (450 10版)
花卉園芸[草花]  (627 10版)
参考資料
(Reference materials)
土の百科事典 / 土の百科事典編集委員会編(丸善出版)2014, ISBN 4-621-08584-0 (P264~265)
地学事典 : 新版 / 地学団体研究会新版地学事典編集委員会編(平凡社)1996 (P1233)
土・施肥・水管理 / 農文協編(農山漁村文化協会)2001(花卉園芸大百科 2), ISBN 4-540-01202-9 (P148)
最新*農業技術事典 / 農業・生物系特定産業技術研究機構編著(農山漁村文化協会)2006, ISBN 4-540-05163-6 (P1450)
現代農業 2010年3月号 89 (P100~101)
キーワード
(Keywords)
都城市
軽石
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000261721解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!