このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000259910
提供館
(Library)
佐賀県立図書館 (2110026)管理番号
(Control number)
0000201152
事例作成日
(Creation date)
20190423登録日時
(Registration date)
2019年08月08日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年09月16日 17時13分
質問
(Question)
嘉永6年7月、ロシア帝国使節団が長崎に来航した折、模型蒸気機関車を披露していますが、この公開で得た情報を基に、同年佐賀藩内で模型蒸気機関車のみならず蒸気船の模型を制作し成功しています。 
1.使節団来航時、佐賀藩は「長崎警衛当番」にあたっていたのですか。 
2.同当番の任期はどうなっていましたか。 
3.蒸気機関の情報はどのようにして入手したのでしょうか。 
4.蒸気船の情報は?
回答
(Answer)
参考資料として下記の資料を御案内いたします。   
(1)『佐賀藩主 鍋島直正』 古賀 寛/著 佐賀印刷社 2012年  
(2)『長崎聞役日記 幕末の情報戦争』 山本 博文/著 ちくま新書 1999年  
(3)『佐賀藩海軍史 明治百年史叢書』秀島 成忠/編 原書房 1972年  
(4)『幕末の奇跡 <黒船>を造ったサムライたち』松尾 龍之介/著 弦書房 2015年  
1.使節団来航時、佐賀藩は「長崎警備当番」だったのか。   非番の年でした。  
2.同当番の任期はどうなっていたか。   福岡藩と佐賀藩と、一年おきに交代です。  
3.蒸気機関の情報はどのようにして入手したのか。   上記資料(1)(2)(3)(4)をご参照ください。 
4.蒸気船の情報はどのようにして入手したのか。   上記資料(1)(2)(3)(4)をご参照ください。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
Wikipedia「プチャーチン」「佐賀藩」
NDC
九州地方  (219)
参考資料
(Reference materials)
(1)古賀 寛. 佐賀藩主 鍋島直正. (株)佐賀印刷社, 2012年.
(2)山本博文 著 , 山本, 博文, 1957-. 長崎聞役日記 : 幕末の情報戦争. 筑摩書房, 1999. (ちくま新書)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002764695-00 , ISBN 4480057870
(3)秀島 成忠 , 秀島 成忠. 佐賀藩海軍史. 原書房, 1981. (明治百年史叢書)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I064799110-00
(4)松尾龍之介 著 , 松尾, 竜之介, 1946-. 幕末の奇跡 : 〈黒船〉を造ったサムライたち. 弦書房, 2015.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I026450203-00 , ISBN 9784863291195
キーワード
(Keywords)
長崎警備
蒸気機関車
蒸気船
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000259910解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!