このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000258323
提供館
(Library)
山口県立山口図書館 (2110020)管理番号
(Control number)
0000110782
事例作成日
(Creation date)
2019年03月14日登録日時
(Registration date)
2019年07月04日 16時22分更新日時
(Last update)
2019年07月05日 17時21分
質問
(Question)
句読点の歴史を調べており、以下の資料(の画像)を探している。
1.「句読法案(句読点法案)」(文部省大臣官房圖書課、明治39年(1906年))
2.昭和26年(1951年)に第12回国語審議会で議決、建議され、翌27年(1952年)に各省庁に通知された公用文作成の要領(公文書は横書きとし、句読点は「,。」を用いるよう定めたもの)
回答
(Answer)
1.「句読法案(句読点法案)」については、国立国会図書館デジタルコレクションに収録されている。インターネット公開されており、PDF及びJpeg形式で画像をダウンロードして利用できる。

国立国会図書館デジタルコレクション:句読法案・分別書キ方案
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/903921

2.当該通知は「公用文改善の趣旨徹底について」(昭和27年4月4日内閣閣甲第16号依命通知)と思われる。当該通知に「公文書作成の要領」が含まれている。当該通知は、文化庁ウェブサイトにてPDF形式で公開されており、ダウンロードして利用できる。

公用文に関する諸通知(文化庁)
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/sisaku/joho/joho/kijun/sanko/koyobun/index.html

なお、「第3 書き方について」の章の項目1として、「一定の猶予期間を定めて、なるべく広い範囲にわたって左横書きとする。」(p7)とある。また、項目5の注の2に「句読点は,横書きでは「,」「。」を用いる。」(p7)とある。

また、同じく文化庁ウェブサイトで公開されている「国語シリーズNo.21「公用文の書き方資料集」」のp1-17にも収録されている。PDF形式で画像をダウンロードして利用できる。

「国語シリーズNo.21「公用文の書き方資料集」」のページ(文化庁)
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/sisaku/joho/joho/series/21/21.html

インターネット情報源の最終確認日は2019年7月6日

なお、紙媒体資料では、下記資料1に収録されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
文章.文体.作文  (816 9版)
言語史.事情.言語政策  (802 9版)
参考資料
(Reference materials)
1.基本行政通知編集委員会 編. 基本行政通知処理基準 4. ぎょうせい, 1974.4. (p332)
キーワード
(Keywords)
日本語--句読法
公用文
公文書
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000258323解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!