このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000256682
提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-19-008
事例作成日
(Creation date)
2019年6月2日登録日時
(Registration date)
2019年06月02日 15時09分更新日時
(Last update)
2019年06月08日 09時03分
質問
(Question)
長野県の自治体に於ける明治憲法発布祝賀行事について資料はあるか。
回答
(Answer)
1、「信濃毎日新聞データベース」を確認し、下記該当記事の紹介をした。

1889年(明治22年)2月7日、朝刊1ページ1面
「憲法発布式の当日には長野人民も宜しく祝賀の挙ある可し」について。
1889年(明治22年)2月8日、朝刊2ページ1面
埴科倶楽部他、祝賀の計画について。
1889年(明治22年)2月9日、朝刊1ページ1面
「祝酒を賜はる」他、上水内郡牟礼村の祝賀の計画について。
1889年(明治22年)2月10日、朝刊1ページ1面
「県尋常師範学生ら、憲法発布式典・観兵式参観の修学旅行を行う。3月3日には長野市で奉賀会開く」
 師範生徒上京、下高井郡中野町の祝賀会について。
1889年(明治22年)2月13日、朝刊2ページ2面
「東信友誼会が憲法奉読の官民大懇親会開催。この日を中心に県内各地で紀元節・憲法発布の祝賀会」
 長野有志者奉賀式景況、上水内郡祝賀式、他について。
1889年(明治22年)2月14日、朝刊2ページ2面
「東信友誼会が憲法奉読の官民大懇親会開催。この日を中心に県内各地で紀元節・憲法発布の祝賀会
<関連>」 憲法発布に就いての祝宴、屋代町、須坂町、上塩尻村、他について。
1889年(明治22年)2月15日、朝刊3ページ3面
「東信友誼会が憲法奉読の官民大懇親会開催。この日を中心に県内各地で紀元節・憲法発布の祝賀会
<関連>」 長野監獄員の奉賀会。松本、埴科郡雨宮村、他の祝賀会について。
1889年(明治22年)2月16日、朝刊2ページ2面
「東信友誼会が憲法奉読の官民大懇親会開催。この日を中心に県内各地で紀元節・憲法発布の祝賀会
<関連>」 憲法発布奉告祭について。
1889年(明治22年)2月17日、朝刊2ページ2面
「東信友誼会が憲法奉読の官民大懇親会開催。この日を中心に県内各地で紀元節・憲法発布の祝賀会
<関連>」 憲法発布祝日の祝賀の様子。上高井郡、南佐久郡、諏訪郡、他について。
1889年(明治22年)2月19日、朝刊2ページ2面
「東信友誼会が憲法奉読の官民大懇親会開催。この日を中心に県内各地で紀元節・憲法発布の祝賀会
<関連>」 憲法発布の祝賀の様子。下伊那郡、下水内、他について。
1889年(明治22年)2月20日、朝刊2ページ2面
「東信友誼会が憲法奉読の官民大懇親会開催。この日を中心に県内各地で紀元節・憲法発布の祝賀会
<関連>」 伊那富村奉賀会について。
1889年(明治22年)2月21日、朝刊2ページ2面
「東信友誼会が憲法奉読の官民大懇親会開催。この日を中心に県内各地で紀元節・憲法発布の祝賀会
<関連>」 祝賀会・奉賀会、高遠町、飯山町、松代町、他について。
1889年(明治22年)3月 3日、朝刊2ページ2面
「県尋常師範学生ら、憲法発布式典・観兵式参観の修学旅行を行う。3月3日には長野市で奉賀会開く
<関連>」 大典奉賀の催し、西箕輪村に於ける奉賀会について。
1889年(明治22年)3月 7日、朝刊2ページ2面
「東信友誼会が憲法奉読の官民大懇親会開催。この日を中心に県内各地で紀元節・憲法発布の祝賀会
<関連>」 奉賀会について。
1889年(明治22年)3月 7日、朝刊2ページ2面
「県尋常師範学生ら、憲法発布式典・観兵式参観の修学旅行を行う。3月3日には長野市で奉賀会開く
<関連>」 長野県尋常師範学校、奉賀式について。



2、上記新聞記事のあった市町村について、当館所蔵の各史誌を調査し、下記関連資料を紹介。

(1)『長野県南佐久郡志』 千秋社 1997【N223/90】 p.1003
   「明治二二 ○二月十一日憲法發布當日養老の思召を以て高齢者へ御下賜金あり」という記述あり。

(2)『東筑摩郡・松本市・塩尻市誌 第4巻年表・索引』 東筑摩郡松本市・塩尻市郷土資料編纂会編
   東筑摩郡松本市・塩尻市郷土資料編纂会 1975【N233/10/4】 p.220
  「1889明治(巳丑)22.2.1 大日本帝国憲法発布記念に、高令(原文ママ)者恩賜金授与。
(形)」という記述あり。
 
(3)『諏訪市史年表 明治以降編』 諏訪市史編纂委員会編 諏訪市教育委員会 1972【N241/59】
   p.38
「憲法発布につき、八〇歳以上の老人に養老金を下賜される。(八〇歳以上五〇銭、九〇歳以上一円、
一〇〇歳以上一円五〇銭、九〇歳以上郡内に四五名)」という記述あり。

(4)『茅野市百年史年表』 茅野市百年史年表編集委員会編 茅野市教育委員会 1978【N241/78】
   p.32
「憲法発布につき、八〇歳以上の老人に養老金を下賜される。(八〇歳以上五〇銭、九〇歳以上一円、
一〇〇歳以上一円五〇銭、九〇歳以上郡内に四五名)」という記述あり。

 
<雑誌・郷土>

(5)「奉賀式」(文責の記載なし)
   『信濃教育』復刻版第29号 信濃教育会1889 p.32
   下高井郡においての奉賀式について記述あり。

(6) 梅原 康嗣 「日本国憲法の普及と長野県民の意識」
   『長野県立歴史館研究紀要』第4号 長野県歴史館 1998 p.99~112
   「地方事務所長・市町村長・学校長・各廨長にあて五月三日から九日までの全国一斉新憲法施行記念
   週間の行事の実施を指示した。」とあり、各市町村や団体で実施する項目についても記述あり。



上記以外の調査済み資料

以下の資料を調査したが「明治憲法発布祝賀会に関する資料」について、確認することができなかった。

『長野県政史 第3巻』 長野県編1973【N317/74/3ア】
『長野県行政文書目録 行政簿冊 1 明治・大正編』 長野歴史館編 長野県立歴史館 1994
【N317/183/1】 
『飯山町誌』 飯山市公民館編 飯山市公民館 1955【N211/10】
『上水内郡誌』 上水内郡役所編 名著出版 1973【N212/505】
『長野県上水内郡誌 歴史篇』 上水内郡誌編集会編 上水内郡誌編集会 1976【N212/93/2】
『長野県上水内郡誌 現代篇』 上水内郡誌編集会編 上水内郡誌編集会 1979【N212/93/3】
『長野県上水内郡誌』 千秋社 1999【N212/343】
『下水内郡誌』 下水内郡教育会編 明治文献 1974【N211/1A】
『下水内郡制史』 下水内郡役所編 下水内郡役所 1926【N318/7】
『長野県上高井誌 歴史編』 上高井誌編纂会編 上高井教育会 1962【N214/18/2】
『須坂市誌 別巻 年表編』 須坂市誌編さん室編集 須坂市 2018【N214/119/6】 
『長野県更級郡誌』 千秋社 1998【N215/43】
『佐久市志 歴史編(四)近代』 佐久市志編纂委員会編 佐久市 1996【N223/69/3-4】
『北佐久郡志 第2巻 歴史篇』 北佐久郡志編纂会編 北佐久郡志編纂会1956【N222/12/2】
『北佐久郡志 第3巻 社会編』 北佐久郡志編纂会編 北佐久郡志編纂会1957【N222/12/3ア】
『小諸市誌 近現代編』 小諸市誌編纂委員会編 小諸市教育委員会 2003【N222/43/4】
『東筑摩郡・松本市・塩尻市誌 第3巻 現代上』 東筑摩郡松本市・塩尻市郷土資料編纂会編
 東筑摩郡松本市・塩尻市郷土資料編纂会 1962【N233/10/3-1】
『東筑摩郡誌』 信濃教育会東筑摩部会編 信濃教育会東筑摩部会 1919【N233/3/ア】
『塩尻市誌 第3巻 近代・現代』 塩尻市誌編纂委員会編 塩尻市 1992【N233/97/3】
『塩尻町誌』 大森 利球治 塩尻町誌刊行会 1937【N233/5】
『中州村史』 細野 正夫著 中洲公民館 1985【N241/126】
『下諏訪町誌 上巻』 下諏訪町誌編纂委員会編 甲陽書房 1963【N241/36/1】
『下諏訪の歴史』 今井 廣亀著 下諏訪町立博物館 1977【N241/76】
『駒ヶ根市誌 現代編 下巻』 駒ヶ根市誌編纂委員会編 駒ヶ根市誌刊行会 1974
【N242/61-3/2】 
『長野県精髄上伊那郡史』 唐沢 貞治郎編 千秋社 2001【N242/159】
『長野県上伊那誌 3 現代社会篇』 上伊那誌編纂会編 上伊那誌刊行会 1967【N242/32/3】

『信濃』第51巻第4号
回答プロセス
(Answering process)
1 『信濃毎日新聞データベース』を「明治・大正・昭和の検索」から、キーワード「明治憲法」で検索。
2 該当した記事の中から、確認できた市町村について、長野県内の郡誌、市町村誌等を調査。
3 『長野県市町村史誌目次データベース』をキーワード「憲法発布」で検索。
4 当館OPACで「憲法」「長野」と検索。該当した資料を調査。
事前調査事項
(Preliminary research)
質問者自身で調査済みの資料

『長野県史 通史編 近代』
『長野県史 通史編 年表・索引』
『長野県史 近代史料編』
『長野町小史草稿』
『増補長野市小史』
『長野市史』
『松本市史 歴史編』
『伊那市史』
『穂高町誌』
『岡谷市史』
『佐久市史』
『更科埴科地方誌』
『諏訪市史』
『諏訪の近現代』
『上田小県誌』
『木曽福島町史 2巻』
NDC
中部地方  (215 8版)
逐次刊行物  (050 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
明治憲法
大日本帝国憲法
祝賀行事
信州学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000256682解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!