このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
新潟市立中央図書館 (2210022)管理番号
(Control number)
0400001861
事例作成日
(Creation date)
20170913登録日時
(Registration date)
2019年05月04日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年08月10日 09時15分
質問
(Question)
大正から昭和初期にかけて,新潟古町で活躍していた「地方(じかた)」の資料はあるか。どんな流派があって,どんな演奏家がいたのか,などが知りたい。
回答
(Answer)
①『新潟芸妓の世界-古町花街百年外史-』(新潟日報事業社 1973)
  「力女聞き書き その三 古町芸者と芸事」
    p144-145「三味線,長唄は杵屋さん」(杵屋六愛)
          「鳴りものは望月さん」(三島屋)「つづみや太鼓を教えていた」
          「つづみや太鼓」師匠をしていたのは「望月さん」とのことだが,流派については不明。
②『新潟市音楽芸能史』(財団法人新潟市音楽芸能協会 1977)
「筝曲と地唄三味線」 
    p287「広神花子」(談話)
        高見三味線屋の先代高見孝吉が長唄と日本舞踊の世話役で活躍していた。
  p293「寿会」広神花子
       「長唄」で活躍をしていた人の名前はあるが,流派については不明。
③『新潟花街』(新潟市観光協会 1962)※禁帯出資料
   p84-93 昭和30年代だが「新潟古町芸妓連名」の表に芸妓名ごとの
        特技の欄に「種別・流派」が掲載されている。
④『越佐 趣味の人々』(大新潟時報社 1938)
   p84 「長唄の部」 杵屋六愛など15名が掲載されている。
⑤『行き暮れて雪』(野坂昭如著 中央公論社 1984)
p157 古町には,踊りが市山,長唄は住吉と,流派が決まっていて,・・・
         とあり「住吉流」があったと思われるが,人名は不明。
※その他 三味線、笛、鼓、太鼓など、楽器別の流派や人名は確認できず。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
音楽史.各国の音楽  (762 9版)
参考資料
(Reference materials)
新潟芸妓の世界, ISBN 4-88862-409-7
新潟市音楽芸能史
新潟花街
越佐趣味の人々
行き暮れて雪, ISBN 4-12-001282-4
キーワード
(Keywords)
長唄
小唄
三味線
古町
芸妓
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
一般利用者
登録番号
(Registration number)
1000255606解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!