このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
新潟市立中央図書館 (2210022)管理番号
(Control number)
0400001834
事例作成日
(Creation date)
20160902登録日時
(Registration date)
2019年05月04日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年08月10日 09時20分
質問
(Question)
「駒は嘶く 釧路の平野 鶴も来て舞う 春採湖山は遠いし 野原はひろし 水は流るる 雲はゆく」という詩は野口雨情の詩か。また,その詩が作られた背景について知りたい。
回答
(Answer)
(1)野口雨情の著作など。
①『定本野口雨情 第1~8巻、補巻』(野口雨情著 未来社 1985,1986,1996)
②『野口雨情』(野口雨情著 日本図書センター 2010)
③『野口雨情そして啄木』(井上 信興著 溪水社 2008)
④『新資料 野口雨情≪詩と民謡≫』(野口雨情著 踏青社 2002) 他

(2)Google(インターネット検索サイト)などの情報 「山は遠いし 野口雨情」で検索。
①神護山 興禅寺(栃木県宇都宮市)のホームページに野口雨情の文学碑として紹介されていた。
http://www.kouzenji.com/kahi.htm
②個人のブログに北海道に野口雨情の文学碑として紹介されていた。
http://aiko1.sakura.ne.jp/bu/kusiro/k.htm
③『日本の文学碑 1』(日外アソシエーツ 2008)を確認。p213に栃木県の詩碑について記載あり。

(3)市立釧路図書館に問い合わせをしたところ以下の回答あり。
①昭和15年に野口雨情が北海道の友人のところにきた際に作った詩である。その屏風が市立釧路図書館に所蔵されている。
②北海道新聞に平成17年頃に掲載された。
③野口雨情が北海道の友人のところにきた記事は昭和15年8月29日の釧路新聞にある。

(4)データベースなどで確認。
①ELNETで「野口雨情 釧路」で検索。朝日新聞朝刊(2005年4月8日)、北海道新聞朝刊(2005年4月8日)に掲載されていることが判明。
②朝日新聞 聞蔵Ⅱで「野口雨情&釧路」で検索。2005年当時未発表だった連詩と判明。
③レファレンス協同データベースにも取り上げられていた事例と判明。
https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000087112

(インターネット情報は2019年1月4日確認)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
定本 野口雨情 第1巻
野口雨情, ISBN 978-4-284-70042-9
野口雨情そして啄木, ISBN 978-4-86327-022-0
新資料野口雨情《詩と民謡》, ISBN 4-924440-49-3
日本の文学碑 1, ISBN 978-4-8169-2145-2
キーワード
(Keywords)
野口雨情
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
一般利用者
登録番号
(Registration number)
1000255601解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!