このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000254144
提供館
(Library)
尼崎市立地域研究史料館 (5000006)管理番号
(Control number)
160
事例作成日
(Creation date)
2019年03月29日登録日時
(Registration date)
2019年03月29日 16時59分更新日時
(Last update)
2019年04月13日 17時23分
質問
(Question)
尼崎藩最後の藩主櫻井(松平)忠興(ただおき)と、尼崎町長及び初代尼崎市長を勤めた櫻井忠剛(ただかた)の関係を知りたい。
回答
(Answer)
尼崎町長・初代尼崎市長を勤めた櫻井忠剛(1867-1934)は、尼崎藩櫻井松平家第4代藩主忠宝(ただとみ)の子である忠顯(ただあき)の息子でした。忠宝と、尼崎藩最後の藩主、櫻井忠興(1848-1895)の父である忠栄(ただなが/尼崎藩松平家第6代藩主)は兄弟なので、忠興と忠剛の父・忠顯とは従兄の間柄となります。したがって忠興にとって忠剛は従兄甥(いとこおい)、忠剛にとって忠興は従兄叔父(いとこおじ)にあたります。
忠剛は明治3年(1870)、父の死去により幼くして家督を相続しました。同9年には上京し、東京在住であった櫻井忠興〔ただおき〕宅に身を寄せ、私塾である同人社や攻玉社で学問を修め、南画、さらには洋画を学んだと言われています。
回答プロセス
(Answering process)
1 櫻井松平家(藩主家)について記した文献・WEBサイト

◆「藩主の一生」(岩城卓二執筆、『図説尼崎の歴史』上巻/WEB版 図説尼崎の歴史 近世編)
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/chronicles/visual/03kinsei/kinsei3-1.html
櫻井松平家の系図略図が掲載されている。

◆コラム「忠栄と忠興」(岩城卓二執筆、『図説尼崎の歴史』上巻/WEB版 図説尼崎の歴史 近世編)
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/chronicles/visual/03kinsei/kinsei4-c1.html


2 櫻井忠剛について記した文献・WEBサイト

◆「洋画家 櫻井忠剛」(大槻晃実執筆、『図説尼崎の歴史』下巻/WEB版 図説尼崎の歴史 近代編)
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/chronicles/visual/04kindai/kindai3-c2.html

3 その他櫻井忠興の事績について

◆「松平忠興」(『尼崎地域史事典』/WEB版 尼崎地域史事典“apedia”)
http://archives/apedia/index.php?key=%E6%9D%BE%E5%B9%B3%E5%BF%A0%E8%88%88&go=%E8%A1%A8%E7%A4%BA

◆日本赤十字社兵庫県支部創立百周年記念事業委員会編『博愛社誕生:最後の藩主櫻井忠興』(1988)
※明治以降の忠興事績については、レファレンス協同データベースの次の記事参照。
「尼崎藩最後の藩主だった櫻井忠興(さくらいただおき)と、日本赤十字社の前身、博愛社との関係について調べたい。」
https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000182229

◆田中敦「桜井忠興事績関係史料」(尼崎市立地域研究史料館紀要『地域史研究』第114号、2014、p125~140)
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/publishing/bulletin/contents/pdf/00114125.pdf

4 その他櫻井忠剛の事績について

◆「櫻井忠剛」(『尼崎地域史事典』/WEB版 尼崎地域史事典“apedia”)
http://archives/apedia/index.php?key=%E6%AB%BB%E4%BA%95%E5%BF%A0%E5%89%9B&go=%E8%A1%A8%E7%A4%BA

◆尼崎市総合文化センター開館30周年記念『櫻井忠剛と関西洋画の先駆者たち:洋画の先駆者にして初代尼崎市長』(尼崎市総合文化センター、2005)

◆大槻晃実「洋画家:櫻井忠剛について」(尼崎市立地域研究史料館紀要『地域史研究』第34巻2号[通巻99号]、2005、p58~73)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216)
個人伝記  (289)
参考資料
(Reference materials)
尼崎市立地域研究史料館/編集 , 尼崎市立地域研究史料館. 図説尼崎の歴史 : 尼崎市制九〇周年記念 上巻. 尼崎市, 2007. ( 当館請求記号 219/A/ア)
尼崎市立地域研究史料館 編 , 尼崎市立地域研究史料館. 図説尼崎の歴史 : 尼崎市制九〇周年記念 : 新「尼崎市史」 下巻. 尼崎市, 2007. (当館請求記号 219/A/ア)
尼崎市立地域研究史料館 編 , 尼崎市立地域研究史料館. 尼崎地域史事典. 尼崎市, 1996. (当館請求記号 219/A/ア)
日本赤十字社兵庫県支部支部創立百周年記念事業委員会 〔編〕 , 日本赤十字社兵庫県支部. 博愛社誕生 : 最後の尼崎藩主 桜井忠興. 日本赤十字社兵庫県支部支部創立百周年記念事業委員会, 1988. (当館請求記号 289.6/A/サ)
田中敦. 桜井忠興事績関係史料. 尼崎市立地域研究史料館, 平成26.10.31(2014.10.31). (尼崎市立地域研究史料館研究紀要) 地域史研究 第114号 p. 125~140, ISSN 0910-8661
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/publishing/bulletin/contents/pdf/00114125.pdf  (逐次刊行物)
尼崎市総合文化センター編 , 尼崎市総合文化センター開館30周年記念 櫻井忠剛と関西洋画の先駆者たち:洋画の先駆者にして初代尼崎市長. 尼崎市総合文化センター,2005 (当館請求記号 723.6/A/ア)
大槻晃実. 洋画家櫻井忠剛について . 尼崎市立地域研究史料館, 平成17.3.31(2005.3.31). (尼崎市立地域研究史料館研究紀要) 地域史研究 34(2)第99号 p. 58~73, ISSN 0910-8661 (逐次刊行物)
キーワード
(Keywords)
尼崎藩主
尼崎市長
櫻井忠興
松平忠興
櫻井忠剛
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000254144解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!