このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M19011910104778
事例作成日
(Creation date)
2019/01/9登録日時
(Registration date)
2019年03月21日 00時30分更新日時
(Last update)
2022年03月30日 00時30分
質問
(Question)
アレルギーを誘発する食品添加物にはどんなものがあるか。
回答
(Answer)
①『チャイルドヘルス 2017年8月 Vol.20 No.8 特集 気づかれにくいアレルギー』
特集の1項目に「食品添加物によるアレルギー」についてまとめられている。
ここでは2つに大別し、「卵アレルギー患者における卵殻Caなどの、既存の食物アレルギーが関与する食品添加物(中略)多くのアレルゲンは、天然成分由来のもの」と「エリストールなど既存の食物アレルギーとは関係なく症状を誘発する食品添加物のアレルギー(中略)人工的に合成されたもの」とある。
「食品衛生法」でその定義や食品表示法が定められており、重い症状を起こす可能性のある、必ず表示される7品目:特定原材料(卵、乳、小麦など)や、表示されることが望ましい20品目:特定原材料に準ずるもの(いくら、キウイフルーツ、くるみなど)が表示されている。本書では特定原料等由来の添加物のうち一部(カゼイン、グルテン、ゼラチンなど15)を一覧表にして解説している。
さらに人工的なものの代表的な添加物として、抗酸化剤(BHA、BHT)、食品色素(アナットー、タートラジン)、増粘剤(グアーガム)、亜硫酸塩剤、安息香酸誘導体、エリストール,コチニール色素を取り上げ、症例とともに解説している。

②『総合アレルギー学』
p.597「食物アレルギーに関連する物質」の表がある。この中に食品添加物として、「着色料:黄色4号,黄色5号,赤色2号,赤色102号、保存料:安息香酸化合物,パラベン、酸化防止剤:亜硫酸化合物、漂白剤:亜硫酸水素ナトリウム、発色剤:亜硝酸塩、着香料:ベンジンアルコール」が挙げられている。

③『アレルギーを防ぐ37の真実』
「食品添加物が食物アレルギーを起こすという現実」という項目において、合成着色料でタール色素の赤色102号、黄色4号、黄色5号について記載されている。保存料の安息香酸ナトリウムやパラベン(パラオキシン安息香酸類)にも触れている。

消費者庁 ホームページに「アレルギー表示に関する情報」が集約されているので、食品表示に関わる最新情報はこちらを参照してほしい。
https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/food_sanitation/allergy/

厚生労働省 ホームページに「食品添加物」について項目があり、添加物のリスト等が掲載されている。最新はこちらを参照してほしい。関連情報のリンクもある。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuten/index.html
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
内科学  (493 9版)
参考資料
(Reference materials)
①金子英雄「食品添加物によるアレルギー」『チャイルドヘルス』Vol.20 No.8,2017.8,p.6-11.
②福田健『総合アレルギー学』 南山堂,2010,748p. 参照はp.597.
③渡辺雄二『アレルギーを防ぐ37の真実』 青志社,2014,189p. 参照はp.128-131.
キーワード
(Keywords)
アレルギー
食品添加物
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2019011910113704778
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000253451解決/未解決
(Resolved / Unresolved)