このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
金沢市図書館 (2310230)管理番号
(Control number)
玉川-000715
事例作成日
(Creation date)
2018/12/21登録日時
(Registration date)
2019年03月21日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年11月11日 00時30分
質問
(Question)
【加賀藩歴代藩主の呼称について】  加賀藩歴代藩主の呼称(諱、通称、法号等)がわかる資料はあるか
回答
(Answer)
加賀前田家歴代の名前、受領名、法号(院号)は『加越能近世史研究必携』(118341577)にまとめられている。
『加能郷土辞彙』(改訂増補)(119865516)で各歴代を確認すると、幼名から官位の叙任歴、法号まで詳細な情報が書かれている。『加賀藩史料 編外備考』(11801639)でも同様の情報の把握が可能。
一般によく見られる呼称はおおよそこれらで知ることができる。

『日本史総覧5 近世2』(11823711)p.244~245に系図があり、歴代の官職歴が書かれている。
『寛政重修諸家譜』巻17(129089026)p.269~283にかけて 系図に歴代の事績が記されている。12代斉広まで収録されている。

玉川図書館近世史料館加越能文庫分類番号特16.10に藩主の系譜・家譜類が所蔵されている。歴代の事績をより詳しく知りたい場合は、これらの史料をあたることになる。
藩主の系譜として、刊本では「本藩歴譜」(『金沢市史 資料編3 近世1』収録)(119647704)がある。
なお、『系図文献資料総覧』(111349303)p.539~540に、加越能文庫、石川県立図書館所蔵の系図・系譜類がまとめられている。

なお、「諱」、「通称」といった用語は、『国史大辞典』に収録されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000253355解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!