このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000253276
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2018-120
事例作成日
(Creation date)
2017年4月18日登録日時
(Registration date)
2019年03月19日 17時11分更新日時
(Last update)
2019年08月08日 14時54分
質問
(Question)
聖徳太子は朝鮮半島の騎馬民族と血縁関係があったのか知りたい。
回答
(Answer)
聖徳太子と朝鮮半島の騎馬民族との血縁関係について記述のある資料は確認できなかった。
回答プロセス
(Answering process)
1 自館目録を〈聖徳太子〉で検索する。
『聖徳太子はどこから来たか』(小林久三著 PHP研究所 1997)
 p204「太子のルーツは騎馬民族のリーダーだった?」
『聖徳太子はどこから来たか 法隆寺、黒駒、七星剣が示す太子の正体』(小林久三著 PHP研究所 1997)
『聖徳太子の正体 英雄は海を渡ってやってきた』(小林恵子著 文藝春秋 1990)

2 歴史事典を確認する。

3 《Google ブックス》( http://books.google.co.jp/  Google)を〈聖徳太子 & 騎馬民族〉で検索する。
『騎馬民族と日本人 東アジア・紀元四世紀の謎に迫る』(武光誠著 PHP研究所 1994)
p201-203「聖徳太子と騎馬民族」

4 《国会図書館レファレンス協同データベース》( https://crd.ndl.go.jp/reference/  国会図書館)を〈聖徳太子〉で検索する。

5 聖徳太子の母穴穂部間人皇后について調査する。
『日本古代氏族事典』(佐伯有清編 雄山閣出版 1994 )
 p275 蘇我氏についての記述あり。
『日本古代史大辞典 旧石器時代-鎌倉幕府成立頃』(上田正昭監修・編集 大和書房 2006)
 p386 蘇我氏についての記述あり。

6 《CiNii Articles》( http://ci.nii.ac.jp/  国立情報学研究所)を〈天皇 & 騎馬〉で検索する。
『騎馬民族とは何か』(江上波夫編 毎日新聞社 1975)
 p178 白村江の戦いの記述あり。
 「「藤ノ木古墳」と「騎馬民族説」を結ぶ点と線 (天皇はどこから来たのか)」対談:松本清聴・江上波夫」(『朝日ジャーナル 31(1)』p21-32 朝日新聞社 1989.1)
 
〈その他調査済資料〉
『国史大辞典 7』(吉川弘文館 1986)
『聖徳太子事典』(黛弘道編 武光誠編 新人物往来社 1991)
『聖徳太子事典』(石田尚豊編集 柏書房 1997)
『聖徳太子のすべて』(武光誠編 前之園亮一編 新人物往来社 1988)
『聖徳太子と日本人』(大山誠一著 風媒社 2001)

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2017年4月18日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
系譜.家史.皇室  (288 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
聖徳太子
騎馬民族
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000253276解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!