このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000252228
提供館
(Library)
旭川市中央図書館 (2300026)管理番号
(Control number)
H0060
事例作成日
(Creation date)
2018/02/26登録日時
(Registration date)
2019年02月27日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年02月27日 00時30分
質問
(Question)
師団通り(現在の平和通)の名称が定まったのはいつか?
回答
(Answer)
・『写真と絵葉書で見る師団通り物語』(旭川市博物館/編 1997)前書きの「師団通り」名称由来に「さて,この道路の名称の由来について明治35年発行の「上川便覧」は,『・・・七丁目と八丁目の間を師団道路と仮定し停車場より鷹栖村に通す線路・・・』と書いていますが,すでに明治33年の「北海道毎日新聞」は『師団街道』や『師団通り』の名称を使っています。この道路の名称は,どうやら公的に定まったものではなかったようです」 とある。
・市史・辞典類等を確認するが,命名時期については不明。
・(内部用)新聞見出し検索データベースで「師団通」,「師団道路」,「師団街道」で検索。
「北海道毎日新聞」明治33年11月20日「広告・牛肉問屋開店広告(5条通8丁目師団通へ支店開設,第7師団各中隊給肉御用商人特約店斉藤支店)」が最も古い。命名時期等の記事は確認できず。
・所蔵する地図への「師団通」の記載を確認。「旭川市街全図」(三澤書店 明治36年発行)が最も古い。
回答プロセス
(Answering process)
回答のほか次の資料を確認
・『上川便覧』(斉藤 新太郎/著・発行 1902)
・『上川発達史 全』(鈴木 規矩男/編・発行 1903)
・『旭川市史稿』,『旭川市史』,『新旭川市史』
・『角川日本地名大辞典 1‐〔1〕』(角川書店 1987)
・『日本歴史地名大系 1』(平凡社 2003)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地理.地誌.紀行  (290)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000252228解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!