このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000249672
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
3241290
事例作成日
(Creation date)
2018/12/13登録日時
(Registration date)
2019年01月05日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年02月20日 11時42分
質問
(Question)
添付資料「4.修学旅行の変動・衰退期(昭和4年~昭和19年)」で言及されている通牒の全文を探しています。

『大阪府教育史』資料編
「大阪府では文部次官通牒を受けて、旅行制限の方針を示し、1. 隣接府県への鍛錬、修養を目的とする旅行、登山、演習。2. 隣接府県に於ける林間、臨海施設利用。3. 伊勢神宮参拝。3点のみを認める通牒を出した。(7月1日)。
しかし、翌16年7月15日には「団体旅行は特に指示するものの外、当分の間之を中止又は延期すること」という通牒を出した。」(79貢)
回答
(Answer)
ご依頼の添付資料に引用された、1)文部次官通牒、2)大阪府の1940(昭和15)年7月1日付の通牒、3)大阪府の1941(昭和16)年7月15日付の通牒の3点について回答します。以下、【 】内は当館請求記号、[URL]は国立国会図書館デジタルコレクションのURLです。なお[URL]については、インターネット公開と記載したものを除き、国立国会図書館/図書館送信参加館内公開です。

1)については、発出日付や題名が特定されていないため、1940年1~6月に発出された修学旅行への規制に関する文部次官通牒として調査したところ、3月25日付で発出された文部次官通牒が見つかりました[資料1]。また、当時の新聞記事によれば、6月22日付でも、修学旅行への規制に関する文部次官通牒が発出されたようですが[資料2,3]、当館所蔵資料において当該通牒本文を見つけることはできませんでした。

2)3)については、1940~1945年に刊行された当館所蔵資料および1940年1月1日~1941年12月31日の新聞掲載記事を中心に調査しましたが、お探しの通牒全文を見つけることはできませんでした。
ただし、修学旅行の歴史について書かれた雑誌記事の中に、2)3)の通牒を部分的に引用したものが1点見つかりました[資料4, p.15.]。

なお、当館では網羅的な調査には応じられません。当館のレファレンス・サービスの範囲を超えるものですのでご了承ください。

[資料]
1.「交通輸送緩和ニ関スル件」(昭和15年3月25日発専69号 同日発普64号 同日発実32号)『文部省例規類纂』第7巻 大空社 1987, pp.69-70.【CZ-611-8】
2.「訓練にも2泊以内 修学旅行は禁制 文部省から“強化通牒”/夏休を控え学校狼狽」『東京朝日新聞』1940年6月23日東京夕刊p.2.
3.「国策で行こう修学旅行 2日以内なら目こぼし」『読売新聞』1940年6月23日夕刊p.2.
4.「(第一章)第2節 修学旅行の歴史」(『修学旅行』臨時増刊 1969-05 pp.11-20.【Z7-291】)[ http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2223413/31

[調査済み資料]
・『実業教育関係法令の沿革(調査資料 ; 第6輯)』文部省教育調査部 1942【CZ-613-39】
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1454651 ](インターネット公開)
・大日本青年団本部 編『青少年団年鑑 昭和16-19年版』大日本青年団本部 昭和15-19【14.5-890】
[ http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1450991 ](インターネット公開)
・小林重国 [等]著『陸運の戦時体制 : 改正陸運統制令の解説と運用』交通研究所 昭和16【685.1-Ko12ウ】[ http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1068414 ]
・安藤誠一「戦時下の輸送統制」(岸芳一, 藤本寅吉 共編『大阪警察の回顧三十年』日の本社 昭和17 pp.189-198.【317.72-Ki56ウ】)[ http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1045147/104 ]
・加賀山之雄『戦時陸運統制』交通研究所 昭和17 【685.1-Ka17ウ】[ http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1068406 ]
・斎藤秀夫『戦時生活の法律と判例』河出書房 昭和19【320.4-Sa25ウ】 [ http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1045289 ]
・『帝国教育』1940年1月-1941年12月【雑59-10】[ http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1616613 ]
・『教育週報 復刻版』16 19400100-19401200【Z99-716】
・「修学旅行に府のお達し 夏休の臨海訓練は例年通り」『東京朝日新聞』1940年6月29日東京夕刊p.2.(東京府が通牒を発することになった、という記事。)

[調査済みデータベース](最終アクセス:2018年12月12日)
・国立国会図書館デジタルコレクション( http://dl.ndl.go.jp/
・国立国会図書館オンライン( https://ndlonline.ndl.go.jp/
・聞蔵Ⅱビジュアル(朝日新聞)(当館契約データベース)
・ヨミダス歴史館(読売新聞)(当館契約データベース)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
『大阪府教育史』という資料について国立国会図書館オンライン及び国立教育政策研究所がHPにて公開している「地方教育通史文献リスト」( http://www.nier.go.jp/aki/tikyou1.html 、H30.12.3確認)及び「地方教育通史一覧 2015 年版」(file:///C:/Users/tosho/Downloads/2015063.pdf、H30.12.3確認)等で確認しましたが、該当資料に行き着くことが出来ませんでした。
『修学旅行のすべて』(日本修学旅行協会編、日本修学旅行協会発行、1987)の「修学旅行100年史(前編)」79貢の註番号より『大阪府教育史』資料編からの引用のようです。
 通牒に関しましては下記資料に掲載を見付けることが出来ませんでした。
・『文部省例規類纂』第7巻(大空社、1987.2)
・『明治以降教育制度発達史』(教育史編纂会著、龍吟社、1939)
・『近代日本教育制度史料』(近代日本教育制度史料編纂会編纂、講談社、1964)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
議官(レファレンス)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000249672解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!