このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
中央-2018-08
事例作成日
(Creation date)
20180113登録日時
(Registration date)
2018年11月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年02月25日 11時17分
質問
(Question)
「裁判」という言葉の語源を知りたい。
ある語源辞典で明治時代に作られた言葉という記載を見つけたが、いつから使われているのか。
回答
(Answer)
都立図書館の蔵書検索、CiNii Articles、オンラインデータベース『聞蔵Ⅱビジュアル』を<裁判><語源><初出><由来>等のキーワードで調査したところ、以下の資料に関連する記載が見られた。

資料1のp.1327-1328「さい-ばん 裁判・宰判」の項には語義(1)「裁き決定すること」について、
「(イ)特に、古代末から中世末、裁判所が訴訟の理非を判断して決定すること。」と、
「(ロ)特に現代、法律上の争いについて裁判所が判断を下すこと。(後略)」の2つに分かれており、
(イ)では1013(治安3)年の文、(ロ)では1875(明治8)年の文がそれぞれ古い年代の用例として掲載されている。
「語誌」欄には、「漢籍例はないが、日本では平安時代からすでに見え、(1)の挙例「内閣文庫本建武以来追加‐貞和二年一二月一三日」では法律用語として扱われている。(後略)」と記載がある。

資料2のp.420「裁判」の項には、「中国語の、「裁(さばく)+判(判定)」が語源です。(中略)英語judgementの訳語として明治期に当てた語です。」と記載がある。

資料3のp.340「裁判官」の項の「意味」欄には、「字音語語基の「裁判」は、中古の『岩清水文書』(治安三年(一〇二三)十月五日・僧兼清解案(平安遺文二・四九二)に「(引用部分略)」と、あるのは、訴訟のよしあしをさばき決定することの意である。」と記載がある。

参考までに、「裁判所」の初出について記載があった資料を以下に紹介する。

資料3のp.340「裁判所」の項には、用例として①~⑤があげられ、「意味・出自」欄に「(前略)①~③から、幕末期の訳語と考えられる。」と記載がある。
なお、①~③の用例の出典は以下のとおり。
①『官板バタヒヤ新聞』巻八 文久元年(1861)八月二十一日
②『英和対訳袖珍辞書』文久二年(1862)
③『万国新聞紙』四集 慶応三年(1867)五月下浣

資料4の「政治篇」p.115「裁判所の始」の項には、「明治元年(中略)一月十九日に会計裁判所を学習院におき萬里小路(までのこうじ)博房をして総督を兼ねさせたのが裁判所の名称のおこりである。」と記載がある。ただし、裁判の語源については記載されていない。

資料5のp.26「裁判制度」には、「(前略)明治四(一八七〇)年七月の司法省設置にともない(中略)四年一二月二六日の『太政官日誌』には「(前略)来廿七日ヨリ同省内ヘ引移、別局ヲ設ケ、当分東京裁判所ト称シ(後略)」とあるが、これが裁判所と呼んだ最初である。」と記載がある。

資料6のp.256「一八六八(明治一)年」には、「裁判所」の小見出しがあり、「一月二七日に大阪鎮台を大阪裁判所と改称し、(中略)司法と行政の分離は明らかでなく、地方行政機関の性格が強かった。一八七一年一二月、司法省内に東京裁判所が設置され、司法機関としてはこれが最初である。(後略)」と記載がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
語源.意味[語義]  (812 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】日本国語大辞典 第5巻 第2版 / 小学館国語辞典編集部/編集 / 小学館 , 2001.5 <R/813.1/5020/5>
【資料2】日本語源広辞典 増補版 / 増井金典/著 / ミネルヴァ書房 , 2012.8 <R/812.0/5036/2012>
【資料3】現代に生きる幕末・明治初期漢語辞典 / 佐藤亨/著 / 明治書院 , 2007.6 <R/813.4/5022/2007>
【資料4】事物起源選集 12 / 紀田順一郎/監修・解説 / クレス出版 , 2005.4 <031.4/5008/12>
【資料5】図説明治事物起源事典 / 湯本豪一/著 / 柏書房 , 1996.11 <R/0314/3009/96>
【資料6】明治・大正・昭和の新語・流行語辞典 / 米川明彦/編著 / 三省堂 , 2002.10 <814.7/5010/2002>
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000246582解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!