このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2018-046
事例作成日
(Creation date)
2016年11月29日登録日時
(Registration date)
2018年10月20日 16時06分更新日時
(Last update)
2019年03月05日 14時05分
質問
(Question)
三重県鈴鹿山脈はどこからどこを通っていたのか知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介した。
『県別全国古街道事典 西日本編』(みわ明編 東京堂出版 2003)
 p32「東海道〔鈴鹿峠〕」
 「東海道にあって、東の箱根越えと並ぶ難所として知られていた鈴鹿峠越え。仁和三年(887)に、京都から土山を通り、坂下へ出る阿須波道として開かれた。坂下宿(関町)と土山(つちやま)宿(滋賀県土山町)との間の鈴鹿峠は標高三六七メートル。(略)箱根峠(標高八五〇メートル)を並ぶ難路として恐れられたのは、しばしば山賊が出没したからという」とあり。

『日本大百科全書 13 すけ-せん』(小学館 1987)
 p27「鈴鹿峠 すずかとうげ」
 「三重県と滋賀県の県境にある鈴鹿山脈南端の峠。峠下を国道一号がトンネルで通ずる。887年(仁和三)、京都から土山(つちやま)(滋賀県)を経て坂下(三重県)に至る阿須波(あすは)道として開かれて以来、東国へ向う交通の要所で、箱根に次ぐ難所として知られた。江戸時代は東海道の整備によって栄え、坂下の宿は戸数300を数えた。旧道を登りつめた標高378メートル付近は広い鞍部(あんぶ)で、常夜灯や茶屋跡が現存する」とあり。

『東海道五十三次ハンドブック』(森川昭著 三省堂 2007)
 p188-189「坂下 さかのした」
 「〔坂下〕本陣跡-法安寺-岩屋観音-片山神社-鈴鹿峠-万人講常夜灯-蟹が石-田村神社-一里塚跡-井筒屋跡-土山宿本陣跡」の経路地図あり。
回答プロセス
(Answering process)
1 参考図書を〈鈴鹿峠〉で検索する。
『県別全国古街道事典 西日本編』(回答資料)
『日本大百科全書 13 すけ-せん』(回答資料)

2 自館目録を〈東海道〉で検索する。
『東海道五十三次ハンドブック』(回答資料)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
交通史.事情  (682 9版)
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
『県別全国古街道事典 西日本編』(みわ明編 東京堂出版 2003), ISBN 4-490-10631-9
『日本大百科全書 13 すけ-せん』(小学館 1987), ISBN 4-09-526013-0
『東海道五十三次ハンドブック』(森川昭著 三省堂 2007), ISBN 978-4-385-41057-9
キーワード
(Keywords)
鈴鹿峠
東海道
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000244179解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!