このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
中野区立中央図書館 (2310165)管理番号
(Control number)
中野1059
事例作成日
(Creation date)
2018年10月02日登録日時
(Registration date)
2018年10月16日 09時17分更新日時
(Last update)
2021年10月22日 11時21分
質問
(Question)
亀の旧字体「龜」は、どうしてこんなに難しいのか。
回答
(Answer)
【資料1】『漢語林』(R813.2/カ)
p.1172 解字の甲骨文の形が旧字の龜に似ている。

【資料2】『面白いほどよくわかる漢字』山口謡司/著,日本文芸社,2010(821.2/ヤ)
p.46 「第一章 八 秦の始皇帝による文字の統一」
p.80 「第三章 六 形を似せて描いた文字『象形』」
文字の起こり、亀の象形文字。
p.192 「第七章 九 当用漢字制定まで」

【資料3】『漢字の成立ち辞典』加納喜光/著,東京堂出版,1998(R821.2/カ)
p.133 「亀」
[字形]カメを描いた図形(象形文字)

【資料4】『甲骨文字小字典』落合淳思/著,筑摩選書,2011(R821.2/オ)
p.158 「亀は動物の亀の象形。上部に頭、左側に足があり、右側が甲羅の形を表している。旧字体は甲骨文字の形をよく残しており、左側の二対の足や右側の甲羅の原型を留めている。しかし、新字体では省略形を採用したため、元の形が失われてしまった。」

【資料5】『漢字物語』セシリア・リンドクイスト/著,木耳社,2010(821.2/リ)
p.87 「深い亀裂の入った巨大な甲羅と、そこから突き出た細い頸の先には頭がつき、爪先は広がっています。甲骨文で亀(陸がめ、海がめ)を表す文字です。(中略)1958年の文字改変におよび、現実の姿とはかけ離れた姿の簡体字になりました。」


漢字が簡略化されていった経緯については、以下の資料が参考になります。
【資料6】『漢字は日本語である』小駒勝美/著,新潮社,2008(811.2/コ)
p.129  昭和二十四年四月、文部省が「当用漢字字体表」を制定したため。

【資料7】『国語審議会』安田敏朗/著,講談社,2007(810.9/ヤ)

【資料8】三省堂 辞書ウェブ編集部によることばの壺 コラム 人名用漢字の新字旧字 「第136回 『亀』と『龜』」 安岡孝一/著
https://dictionary.sanseido-publ.co.jp/column/%E7%AC%AC136%E5%9B%9E-%E3%80%8C%E4%BA%80%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%80%8C%E9%BE%9C%E3%80%8D
「昭和17年6月17日、国語審議会は標準漢字表を、文部大臣に答申しました。標準漢字表は、各官庁および一般社会で使用する漢字の標準を示したもので、部首画数順に2528字が収録されていました。標準漢字表の龜部には『亀』が含まれていて、その直後に、カッコ書きで『龜』が添えられていました。『亀(龜)』となっていたわけです。簡易字体の『亀』は、旧字の『龜』に代えて一般に使用すべき漢字ということになっていました。」

【資料9】標準漢字表(国語審議会)
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/sisaku/joho/joho/kakuki/hosoku/pdf/11_big_05.pdf
これによると、「亀」は常用漢字(国民の日常生活に関係が深く一般の使用度が高い1134字)で、簡易字体として一般に使用せらるべき簡易字体として78字に選ばれていた。

[最終アクセス:2021年2月21日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
音声.音韻.文字  (811)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】鎌田 正 著 , 米山 寅太郎 著 , 鎌田‖正 , 米山‖寅太郎. 漢語林. 大修館書店, 1987.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I046275044-00
【資料2】山口謡司 編著 , やまぐち, ヨウジ, 1963-. 面白いほどよくわかる漢字 : 漢字のルーツから由来・成り立ちまで一括総集. 日本文芸社, 2010. (学校で教えない教科書)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010701869-00
【資料3】加納喜光 著 , 加納, 喜光, 1940-. 漢字の成立ち辞典. 東京堂出版, 1998.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002701219-00 , ISBN 4490104871
【資料4】落合淳思著 , 落合, 淳思. 甲骨文字小字典. 筑摩書房, 2011. (筑摩選書, 0013)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I002462169-00
【資料5】セシリア・リンドクィスト 著 , 遠山由美 訳 , Lindqvist, Cecilia , 遠山, 由美, 1964-. 漢字物語. 木耳社, 2010.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010831759-00
【資料6】小駒勝美 著 , 小駒, 勝美. 漢字は日本語である. 新潮社, 2008. (新潮新書)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009307475-00
【資料7】安田敏朗 著 , 安田, 敏朗, 1968-. 国語審議会 : 迷走の60年. 講談社, 2007. (講談社現代新書)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009179050-00 , ISBN 9784062879163
キーワード
(Keywords)
漢字
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000243938解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!