このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000038041
事例作成日
(Creation date)
2017/12/27登録日時
(Registration date)
2018年04月06日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年05月03日 16時46分
質問
(Question)
あんぽ柿の、「あんぽ」とはどういう意味か。
「あんぽ柿」と表示するのに、なにか決まりはあるか。
回答
(Answer)
『地域食材大百科 第9巻』(農山漁村文化協会)p303によると、
1760年頃、現在の福島県伊達市梁川町の住人が、どこからか柿の木をもってきて植え、その実を剝皮し天日で干したものを「天干し柿(あまぼしがき)」と称したとされ、その柿が後世になって蜂屋と呼ばれ、干し柿は訛って「あんぽ柿」になったとのことである。


また、水分量が50%前後のものをあんぽ柿という。
回答プロセス
(Answering process)
『からだにおいしいフルーツの便利帳』p107
あんぽ柿・・・渋柿を硫黄燻蒸した半生タイプで、水分が50%前後残っているもののこと。

『食品図鑑』p237
渋柿を干した干し柿について、「半乾燥状態の製品をあんぽ柿、乾燥が進んだものを枯露(ころ)柿とよぶ」とある。

『果物・種実』p270
「製造法により、串ガキ・つるしガキ・ころガキ・あま干し(あんぽガキ)などの呼び方がある」
「あま干しは、水分が多く、粉出しをしていないもので、ころガキが水分25~30%程度であるのに対して、これは水分50~60%程度で乾燥を打ち切る。ほどよいやわらかさでとろりとした甘さがある」とある。

『地域食材大百科 第9巻』(農山漁村文化協会)p303
1760年頃、現在の福島県伊達市梁川町の住人が、どこからか柿の木をもってきて植え、その実を剝皮し天日で干したものを「天干し柿(あまぼしがき)」と称したとされ、その柿が後世になって蜂屋と呼ばれ、干し柿は訛って「あんぽ柿」になったとのことである。

p289
水分量は一般的に50%前後とされているが、産地によって若干の違いがある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498)
食品.料理  (596)
参考資料
(Reference materials)
『からだにおいしいフルーツの便利帳』 三輪 正幸/監修 高橋書店
『食品図鑑』 平 宏和/総監修 女子栄養大学出版部
『果物・種実』 河野 友美/編 真珠書院
『地域食材大百科 第9巻』 農山漁村文化協会
キーワード
(Keywords)
柿(カキ)
果実(カジツ)
果物(クダモノ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000234390解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!