このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000233116
提供館
(Library)
山口県立山口図書館 (2110020)管理番号
(Control number)
0000110710
事例作成日
(Creation date)
2017年11月30日登録日時
(Registration date)
2018年03月24日 15時39分更新日時
(Last update)
2018年03月27日 15時45分
質問
(Question)
井上勝、山尾庸三、遠藤謹助の口語一人称が知りたい。判らなければ、当時の山口県人の一般的なものでもよい。
回答
(Answer)
山尾については、下記資料1に、山尾庸三の談話として、「山尾子爵談片-指字に就いて-」(「聾唖界」(大正5年1月))の一部を収録しており、そこでは「俺」という呼称が用いられている。また、データベース「ヨミダス歴史館」にて「山尾庸三」で検索したところ、「読売新聞」1889年(明治28年)5月4日付朝刊2面に監獄協会発会の際の山尾の祝辞が収録されており、そこでは「我輩」という呼称が用いられている。

井上については、「ヨミダス歴史館」によると、「読売新聞」1895年(明治28年)8月4日付朝刊1面の「戦後経済談(十七)」で「余」という呼称が用いられている。

なお、遠藤謹助については、本人の談話等を見つけることができなかった。

参考までに、資料2には、同時代人である井上馨の談話が収録されており、「私」(よみは不明)という呼称が用いられている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
方言.訛語  (818 9版)
参考資料
(Reference materials)
1.松岡秀隆 著 , 松岡, ひでたか, 1949-. 山尾庸三 : 日本の障害者教育の魁. 松岡秀隆, 2014.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025816245-00 , ISBN 9784877876173 (p37)
2.沢田章 編 , 沢田, 章, 1876-1934 , 沢田, 章, 1876-1934 , 中央新聞社. 世外侯事歴維新財政談. マツノ書店, 2015.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I027003827-00  (p49,62)
キーワード
(Keywords)
山尾, 庸三, 1837-1917
井上, 勝, 1843-1910
遠藤, 謹助, 1836-1893
日本語--方言--山口県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000233116解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!