このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
中央-2017-16
事例作成日
(Creation date)
20170512登録日時
(Registration date)
2018年01月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年04月09日 11時08分
質問
(Question)
江戸時代のてんぷらと二八そばを販売している屋台の絵はあるか。
回答
(Answer)
都立DBで<そば 江戸時代><てんぷら 江戸時代>等をキーワードとして検索し、資料1~資料6を調査した。また、都立図書館ホームページ「江戸東京デジタルミュージアム」のうち、「大江戸スタイル>大江戸グルメ>外食産業の発展」( http://www.library.metro.tokyo.jp/Portals/0/edo/tokyo_library/gourmet/page1-1.html  最終アクセス日:2017年12月19日)のページを確認した。
これらに紹介されていた、二八そばとてんぷらの屋台の絵が掲載された資料のうち、当館特別文庫室で所蔵しているものを調査したところ、以下の資料が見つかった。
( )は特別文庫室の文庫名と請求記号である。

・二八そば
「名所江戸百景 虎の門外あふひ坂」(東京誌料 東0411-C24)
「大江戸しばゐねんぢうぎやうじ 風聞きゝ」(東京誌料 東577-10-6)
「女郎花五色石臺」(新収資料 和1416-4)第1集下帙下 34ウ
「繪本江戸土産」(東京誌料 東026-36)上 「両国橋の納涼」 「二八」ではなく「二六」と書かれている。
「下界?鼻落天狗」(加賀文庫 函57-4)7ウ8オ
「竈將軍勘略記」(加賀文庫 函68-6)12ウ13オ

・てんぷら
「気替向戯作問答」(加賀文庫 函96-2、特別買上文庫 稗24)14ウ
「三升圓功能後編能時花升」(加賀文庫 函34-18)3ウ
「大晦日曙草紙」(東京誌料 東4753-117、新収資料 和4-3)18編 2ウ3オ
「金儲花盛場」(加賀文庫 函99-4)9ウ
「福徳夢想大黒銀」(加賀文庫 函31-9)12ウ
「江戸春一夜千両」(東京誌料 東4752-84、東4752-294、加賀文庫 函46-10)8ウ
「四十八癖」(東京誌料 東478-15)3編 3ウ
「東都歳事記」(加賀文庫 加373-3)「盛夏路上の図」15ウ16オ

なお、「名所江戸百景 虎の門外あふひ坂」と「大江戸しばゐねんぢうぎやうじ 風聞きゝ」は、当館DB「TOKYOアーカイブ」( http://archive.library.metro.tokyo.jp/da/top  最終アクセス日:2017年12月19日)で公開している。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】すし 天ぷら 蕎麦 うなぎ 江戸四大名物食の誕生 / 飯野 亮一/著 / 筑摩書房 , 2016.3<ST/383.8/5048/2016>
【資料2】風流 江戸の蕎麦 食う、描く、詠む / 鈴木 健一/著 / 中央公論新社 , 2010.9<383.8/5514/2010>
【資料3】江戸っ子は何を食べていたか / 大久保 洋子/監修 / 青春出版社 , 2005.2<T/383.8/5012/2005>
【資料4】蕎麦 江戸の食文化 / 笠井 俊弥/著 / 岩波書店 , 2001.12<383.8/5093/2001>
【資料5】ビジュアル・ワイド江戸時代館 / 小学館 , 2013.7<D/210.50/5105/2013>
【資料6】江戸のファーストフード 町人の食卓、将軍の食卓 / 大久保 洋子/著 / 講談社 , 1998.1<T/0・383/3017/>
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000229279解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!