このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000229017
提供館
(Library)
京都府立京都学・歴彩館 (2110022)管理番号
(Control number)
京歴-368
事例作成日
(Creation date)
2017年09月28日登録日時
(Registration date)
2018年01月24日 14時23分更新日時
(Last update)
2018年01月24日 14時29分
質問
(Question)
(1)旧八木町に池上という集落がある。ここが鎌倉時代に誰の領地だったのかを知りたい。
(2)(1)と同じあたりから出てきた上杉重房(上杉家の祖)が鎌倉に向かったときに誰と一緒だったか、日付なども知りたい。
(3)上杉重房は藤原清房の子だと言われているが、その系図はあるか、出来るだけさかのぼりたい。
回答
(Answer)
(1)①の第2巻pp.54-57に、池上には池上院(ちじょういん)という寺があり、池上院在家が集落を作っていたとの記述がある。また、鎌倉末期から室町にかけては荒廃したが、京都神護寺が支配していたとも説明があった(同書pp.114-117)。なお、同様の記述は、②の池上院の項目にもある。

(2)③のp.15に、「建長4年(1252)宗尊親王が将軍として鎌倉に迎えられた時、随行して鎌倉に下り、将軍側近の近習として初めて武家となり、丹波国何鹿郡上杉荘を与えられ、以後その地名をとって家名とした。」とある。④の第4巻のp.501に、建長4年3月19日に宗尊親王が出発したこと、および、同行者や所持品の記述があった。⑤にも重房が宗尊親王の介添えとしてともに鎌倉へ行った記述がある(p.57)が、日付や同行した人数などの記述はなかった。一方で、⑥のWikipediaの記事において、⑦の資料で重房が宗尊親王に直接仕える立場ではなかった可能性が指摘されていると紹介されていたが、⑦が当館未所蔵資料のため所蔵機関の情報を提供するにとどめた。

(3)⑤のp.57に重房の系図があり、その他に、⑧のp.830以降に父 藤原清房からの系図、⑨のp.12に重房から始まる系図があった。
回答プロセス
(Answering process)
(1)に関しては、OPACで「八木△歴史」を検索し、ヒットした資料をあたった。

(2)まず基本資料である③で、鎌倉へ向かった年代を確認した。また、館内職員から、上杉重房が鎌倉幕府に関係があり東へ向かった人物なら、「吾妻鏡」に載っている可能性があると指摘されたため、④を確認した。また、次の(3)で調査していた資料⑤にも該当の記述が確認できた。Googleで「上杉重房」を検索してヒットした⑥も念のため確認したところ、調査の前提と異なる記述があったことから、内容を紹介することとした。

(3)系図資料として、⑤と⑧で上杉氏と藤原氏の項目を調べたほか、OPACで「上杉氏」を検索したところヒットした⑨も確認した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216)
系譜.家史.皇室  (288)
参考資料
(Reference materials)
① 八木町史編集委員会/編集. 図説丹波八木の歴史 第2巻. 京都府南丹市, 2013.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I054936184-00  (当館請求記号:K342||216.2||Y15||2)
② 寺院明細帳. 船井郡1.
③ 国史大辞典編集委員会 編. 国史大辞典 第2巻 (う~お). 吉川弘文館, 1980.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001459016-00  (当館請求記号:||210.033||Ko53||2)
④ 吾妻鏡 第4. 吉川弘文館, 1983. (新訂増補国史大系 普及版)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I038556607-00 , ISBN 4642000275 (当館請求記号:||210.08||Ko53||33-2)
⑤ 塙 保己一/編 , 太田 藤四郎/編 , 塙‖保己一 , 太田‖藤四郎. 續 群書類從 第6輯下 : 系図部. 続群書類從完成会, 1957.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I024437595-00  (当館請求記号:||081||G94||2-6-2)
⑥ 上杉重房. Wikipedia. URL: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%9D%89%E9%87%8D%E6%88%BF, (最終確認日 2018-01-21.)
⑦ 久保田順一 著 , 久保田, 順一, 1947-. 上杉憲顕. 戎光祥出版, 2012. (中世武士選書 ; 13)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024006811-00 , ISBN 9784864030670
⑧ 宝月, 圭吾, 1906-1987 , 岩沢, 愿彦, 1921-. 系図纂要 第4冊 (藤原氏15-22). 名著出版, 1973.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001225075-00  (当館請求記号:||288.2||Ke29||4)
⑨ 米沢市上杉博物館/編. 上杉氏のルーツ 〜関東管領上杉家〜 : 開館10周年記念特別展. 2011.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I042454776-00  (当館請求記号:||210.46||Y84||)
キーワード
(Keywords)
上杉重房
八木町
池上
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000229017解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!