このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
塩尻市立図書館 (2310060)管理番号
(Control number)
塩尻569
事例作成日
(Creation date)
2018年1月15日登録日時
(Registration date)
2017年12月15日 16時52分更新日時
(Last update)
2020年12月28日 21時39分
質問
(Question)
京都「洛中・洛外」の境界はどこか?境界がわかる地図はあるか?
また、洛中・洛外の境界が豊臣秀吉の「御土居」とされるなら、御土居の境界がわかる地図はあるか?
回答
(Answer)
豊臣秀吉が天正14~19年(1586~1591)京都の町全体を「御土居(おどい)堀」という城壁で囲み、御土居の中を「洛中」、外を「洛外」とした。【資料1、4、9】
「洛中、洛外」という呼び方は【資料3、5】に中国の古都、洛陽になぞらえたとしている。
また【資料9】には御土居の場所を示す地図も掲載。
回答プロセス
(Answering process)
まずOPACで「洛中」「洛外」を検索したところ、安野光正スケッチ画集「洛中洛外」や「洛中洛外図屏風」を掲載した美術書がヒット。屏風絵では境界はわからないので回答に使えず。
[資料6][資料7]に洛中・洛外と呼ばれるようになった記述あり。ただ、境界が載った地図などはなし。

京都の地図帳や、NDC2類「歴史」安土桃山時代と「地理」京都の書籍で「洛中、洛外」の範囲を示す地図などを探したが、なし。

NDC2類に地名辞典など地名に関するレファレンスブックが複数あった。
[資料1][資料2][資料3][資料4][資料5]
これらによって、豊臣秀吉により御土居が建設されるまでは、境界が不明確であったことがわかった。

そこで次に、地図帳や、NDC2類「歴史」安土桃山時代と「地理」京都の書籍で「豊臣秀吉によって建設された『御土居』」を調べたところ、
[資料8]に御土居の建築年と総延長距離がわかったが、御土居の地図はなし。
[資料9]掲載の京都の各地図上で御土居の範囲を示す色分けがされており、この本で御土居の境界がわかった。
また御土居が

雑誌「サライ」2015年10月号特集「京都 サライはこう歩く」の中に「第5章 豊臣秀吉の都市計画」があり、そこに「御土居」の記述もあった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210)
近畿地方  (216)
日本  (291)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】浮田典良, 中村和郎, 高橋伸夫 監修『日本地名大百科 : ランドジャポニカ』. 小学館, 1996.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002625644-00 , ISBN 4095231017 (p.1209
「洛中」[京都市] 京都市街地中心部をさす呼称。1591年豊臣秀吉により御土居(おどい)が建設され、以後これに囲い込まれた地域を洛中、外を洛外とする概念が定着した。洛は首都を意味する京洛に由来する。現在の上京区、中京区、下京区のほとんどが含まれる。)
【資料2】三省堂編修所 編『日本地図地名事典』. 三省堂, 1991.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002131986-00 , ISBN 4385154376 ([資料3]とほぼ同じ記述。
p.1257
「らく 洛」京都、平安京の別称。中国の古都、洛陽になぞらえ、旧市街を洛陽、鴨川を洛水とよんだ。洛外、洛東・洛西・洛南・洛北に分けるが境界は不明確。京都に上ることを上洛、入洛。地方に下ることを下洛といった。
「洛外」京都市の郊外をさす通称 平安京の外側をさす。洛中洛外といういい方がある。
「洛中」京都市外をさす通称。[別称]洛内 平安京の内部をさす。)
【資料3】三省堂編修所 編, 谷岡武雄 監修『三省堂 コンサイス日本地名事典 第5版』. 三省堂, 2007.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009174169-00 , ISBN 9784385160511 ([資料2]とほぼ同じ記述。
p.1306
「らく 洛」京都市。平安京の別称。中国の古都、洛陽になぞらえ、旧市街を洛陽、鴨川を洛水とよんだ。洛外、洛東・洛西・洛南・洛北に分けるが境界は不明確。京都に上ることを上洛、入洛。地方に下ることを下洛といった。
「洛外」京都市の郊外をさす通称 平安京の外側をさす。洛中洛外といういい方がある。
「洛中」京都市外をさす通称。[別称]洛内 平安京の内部をさす。)
【資料4】浮田典良, 中村和郎, 高橋伸夫 監修『日本地名百科事典 : コンパクト版』. 小学館, 1998.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002690532-00 , ISBN 4095231114 (p.1389
「洛中」京都市街地中心部をさす呼称。1591年豊臣秀吉により御土居(おどい)が建設され、以後これに囲い込まれた地域を洛中、外を洛外とする概念が定着した。絡は首都を意味する京洛に由来する。現在の上京区、中京区、下京区のほとんどが含まれる。)
【資料5】楠原佑介, 溝手理太郎 編『地名用語語源辞典』. 東京堂出版, 1983.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001643230-00  (p.646 「らく[洛]」
京都の異称、雅称。中国古代の都洛陽にちなむ。吉田東伍によれば、古くは左京を「洛陽」、右京を「長安」といったが、後に右京がすたれたため、「洛陽」が京都全体の異称となったという。洛中、洛東など接頭語的に使われる。)
【資料6】森谷尅久 著『地名で読む京の町 上(洛中・洛西・洛外編). PHP研究所, 2003. (PHP新書)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004120093-00 , ISBN 4569626793 (p.4~5「はじめに」で「「洛中」「洛外」も、中世以来、次第に歴史的に使用されてきた、京都の地域分けの方法である。ある時期は、「洛中」「辺土」という区分も用いられていたが、ほぼ十五世紀頃までに「洛中」「洛外」という形でおさまったのである。十六世紀にはいると『洛中洛外図』という言葉にみられるように完全に定着している。」として、現在の行政区のどこが当てはまるかも述べているが、その中身や概念は変化するとも書かれている。
p.53からは「洛中・洛外」として詳しい記述がある。)
【資料7】森谷尅久 著『地名で読む京の町 下(洛東・洛北・洛南編)』. PHP研究所, 2003. (PHP新書)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004159576-00 , ISBN 4569629202 (「京都の地名を読む」と題して、洛東・洛北・洛南が地名として出てくる。)
【資料8】小和田哲男, 小和田泰経 著.『大図解戦国史 : 写真、CG、地図、詳しい解説で知る』平凡社, 2014. (別冊太陽. 歴史ムック)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025086134-00 , ISBN 9784582945591 (p.122
「聚楽第」の項目に
「さらに秀吉は、天正十九年から土塁と堀で京都を囲む工事を行った。これは「御土居(おどい)」とよばれ、総延長は二二・五キロメートルに及んでいる。」とあった。聚楽第の絵図や地図、鳥瞰復元CGは掲載されていたが御土居の境界線がわかる地図などはなし。)
【資料9】新創社, 松岡 満『京都時代MAP 安土桃山編』. 光村推古書院, 2003. (Time trip map : 現代地図と歴史地図を重ねた新発想の地図)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I045925020-00 , ISBN 4838103697 (「京都タイムトリップマップエリア図」に御土居堀の内の凡例あり。
p.51「天正十九年(1591)御土居堀造営」
応仁の乱~織田信長活躍の頃までは「上京・下京」という記述。
p.66「京の町全体を御土居堀(土壁と堀)」で囲んだ」
p.67「プロデューサー秀吉の京都での業績」に「【京都プラン】天正14~19年(1586~1591)御土居堀の造営 京都城下町化プランの総仕上げ。京都の町全体を囲む城壁「御土居堀」によって洛中と洛外を分ける。」と書かれている。
p.72「御土居堀」にも「新しくできた京の町を御土居で囲み、御土居堀の内側を「洛中」、外側を「洛外」に分けた。洛中と洛外の往来は要所に設けた「口」と呼ばれる関署に限定し、外敵からの防衛、洛中の治安維持をはかった。」とある。さらに続けて「御土居堀のその後」として「都の中核だった聚楽第が秀次事件によって破壊された後、御土居も意味を失いつつあった。江戸中期になると洛中をこえて東へと市街は広がり、御土居堀は次第に無用となる。」とある。)
【資料10】雑誌「サライ」2015年10月号 (大特集「京都 サライはこう歩く」の中に「第5章 豊臣秀吉の都市計画」)
キーワード
(Keywords)
洛中 洛外
平安京
洛陽
御土居
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000226514解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!